Web 公開の設定 : FileMaker WebDirect の設定
 
FileMaker WebDirect の設定
メモ  次の情報は、サーバー管理者向けです。
[Web 公開] > [FileMaker WebDirect] タブを使用して、次の操作を行います。
FileMaker WebDirect を有効にする。
FileMaker WebDirect セッションのタイムアウト値を設定する。
ステータスエリアの言語を選択する。
メモ  これらの設定を変更した場合は、Web 公開エンジンを再起動する必要があります。
FileMaker WebDirect の設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [Web 公開] > [FileMaker WebDirect] タブをクリックします。
 
目的
実行方法
FileMaker WebDirect を有効にする
[FileMaker WebDirect を有効にする] をクリックします。
このタブで他の設定を行うには、この設定を有効にする必要があります。
データベースセッションのタイムアウト値を設定する
[セッションタイムアウト (分)] の時間を設定します。
Web 公開エンジンは、指定したタイムアウト時間で非ア クティブユーザの接続を解除します。
FileMaker WebDirect ではデータベースセッションは自動的に使用され、ユーザが無効にすることはできません。
ステータスエリアのラベルの言語を選択する
[ステータスエリアの言語] で、クライアントのオペレーティングシステムの言語がサポートされていない場合に FileMaker WebDirect が使用する言語を選択します。
2. [保存] をクリックします。
FileMaker WebDirect ガイド』を参照してください。
関連項目 
データベースの管理
クライアントの管理
一般 Web 公開設定
サーバー情報の設定
Web 公開の設定