FileMaker資格認定についてよくある質問

よくある質問とその回答をご紹介しています。この一覧にないご質問については、Eメールでご連絡ください。

資格認定と試験に関する質問

いいえ、必要条件はありません。どなたでも試験を受けられます。

試験の合格者には、FileMaker 認定デベロッパの認定証(FileMaker Certified Developer certificate)が、FileMaker 認定デベロッパ(FileMaker Certified Developer)ロゴの使用許可とともに届きます。認定証とロゴには、「FileMaker 15 Certified Developer」または「FileMaker 16 Certified Developer」のように、試験のバージョンが記載されます。FileMaker Business Alliance(FBA)のメンバーは、FileMaker Webサイト上に社名を掲載して、認定デベロッパが在籍していることを認識してもらう機会が得られます。「資格認定のシンボルによる認知度の向上」のセクションをご覧ください。

認定証一式は、試験後、約2~3週間で発送します。

1か月間を過ぎても届かない場合は、Eメール (fmcertification@filemaker.com) にて英語でご連絡ください。Eメールには、氏名および受験の際に申告された住所を英語で正しく記載してください。

氏名の綴りの訂正はお受けしますが、氏名の変更はできませんのでご了承ください。氏名の綴りに誤りがある場合は、Eメール (fmcertification@filemaker.com) にて英語でご連絡ください。新しい認定証の送付には最長で3週間程度かかります。

Eメール (fmcertification@filemaker.com) にて、英語でその旨をご連絡ください。

取得された資格に有効期限はありません。ただし、FileMaker, Inc.が新しいバージョンをリリースし、それに関連した試験が実施された場合には、お手持ちの資格が古い技術に関する資格となることがあります。最新バージョンの資格を取得されることをお勧めします。FileMaker, Inc.は、自らの裁量において、ひとつ前のバージョンのFileMaker資格認定を提供する場合があります。

いいえ。FileMaker, Inc.は、FileMaker認定デベロッパの試験結果や氏名を提供しておりません。雇用主が希望した場合の試験結果の共有は、認定デベロッパご自身が行ってください。

FileMaker, Inc.は、FileMaker認定デベロッパの氏名の否認も確認もいたしません。認定証が資格認定の証明となります。雇用主にはこのポリシーについてお伝えすることになります。

受験料は、18,000円(税別、2017年7月現在)です。他の国ではこれに相当する金額となります。登録の際、受験者はお支払い情報の提出が必要です。ピアソンVUEでは、主要クレジットカードでのお支払いが可能です。受験者は受験料のお支払い手続き後に、ご希望の受験日時や試験会場を予約できます。

登録は、ピアソンVUEのFileMakerのページで行います。

ピアソンVUEです。同社は、世界中で試験会場を運営しています。試験の登録の際に、お近くの試験会場をお選びいただけます。

所要時間は、120分です。NDA(機密保持契約)とチュートリアルが10分、約65問の選択式問題の試験が110分になります。なお、英語が公用語でない国において英語の試験を受ける場合は、30分の延長を申し込むこともできます。試験時間の延長につきましては、試験予約時にお申し込みください。

試験終了後、24時間以内にピアソンVUEのWebサイトから結果をご確認いただけます。ピアソンVUEのFileMakerのページにアクセスし、ご自身のアカウントにログインしてください。画面右側の [アカウント] メニューで、[スコアレポートの表示] を選択します。

FileMaker, Inc.は、再受験日までに14日間の待機期間を設けています。つまり、受験して不合格となり、再び「同じ」試験を受ける必要がある場合には、再度受験するまで14日間の間隔をおく必要があります。なぜこのようなポリシーなのでしょうか?

資格試験業界では、待機期間を課すことは、資格認定プログラムにおいて一般的によく行われており、最長1ヶ月に及ぶこともありますが、FileMakerでは14日間のみとしています。待機期間の設定は試験のセキュリティにも役に立ちます。試験のセキュリティが強化されることは、取得した資格がさらに価値あるものになることを意味します。待機期間を設けることで、スキルや能力を測定する一貫した基準を実現しています。2週間未満で再受験した人は、短期間保持される記憶によって、不公平な優位性が得られることが実証されています。待機期間の設置は、資格の価値を守るためのものです。FileMaker, Inc.は受験者であるお客様の成功を願っており、待期期間の設置によって、次回合格するための学習時間が確保されます。

受験回数に制限はありませんが、受験ごとに通常の受験料が必要となります。

こちらをクリックしてください。

ピアソンVUEのFileMakerのページにアクセスし、右側にある [お問い合わせ] リンクをクリックすると、お問い合わせ先の詳しい情報が表示されます。

ピアソンVUEのFileMakerのページにアクセスします。画面右側の [アカウントの作成] をクリックし、アカウント作成の手順に従います。「Candidate IDをご存知ですか」の質問には「いいえ、Candidate IDを知りません」と答えてください。必要情報を送信後、ピアソンVUEからEメールが送信されます。

ピアソンVUEのFileMakerページにアクセスします。画面右側の [サインイン] をクリックします。ユーザ名とパスワードを入力します。

試験を予約するには、試験、試験会場、および日時を選択します。

試験の予約変更およびキャンセルは、「今後の受験予約」のセクションを参照して指示に従います。受験予約について送信された電子メールで、適用される料金、および試験や試験プログラムのポリシーを確認します。

ピアソンVUEのFileMakerのページにアクセスします。[サインイン] をクリックします。ユーザ名とパスワードを入力します。[アカウント] メニューの [プロファイル] をクリックします。ご使用のプログラムでアカウントが編集できる場合は、変更対象となる情報の右側に [編集] オプションが表示されます。オンラインでプロファイルの更新ができない場合は、更新を行うための連絡先に関するメッセージが表示されます。

問題解決には通常3~5営業日かかります。

複数のアカウントを統合する場合は、ピアソンVUEのカスタマーサービスにご連絡ください。ピアソンVUEが複数のアカウントを統合できない場合は、FileMaker, Inc.までご連絡ください。

アカウントのブロックを解除するには、ピアソンVUEのカスタマーサービスにご連絡ください。

FileMaker 16 資格認定

はい。「Developer Essentials for FileMaker 16」という試験が実施されています。この試験の登録はこちら

「Developer Essentials for FileMaker 16」試験の合格者には、「FileMaker 16 認定デベロッパ」の資格が授与されます。

FileMaker 15 資格認定

はい。「Developer Essentials for FileMaker 15」という試験が実施されています。合格者には「FileMaker 15 認定デベロッパ」の資格が授与されます。この試験の登録はこちら

お持ちのFileMaker 認定証は、重要な資格です。顧客や雇用主が会社でFileMakerの旧バージョンを使用している場合には、旧バージョンの認定証が求められることがあります。

旧バージョンでのFileMaker 資格認定

いいえ。FileMaker, Inc.は最新バージョンの1つ前のバージョンまでの資格認定試験のみ実施しています。FileMaker 16 およびFileMaker 15 の資格認定試験のみ、受験が可能です。

資格認定のシンボルによる認知度の向上

FileMaker Business Alliance(FBA)のメンバー企業は、特別にファイルメーカーのWebサイトで認知度を高めることができます。認定デベロッパが在籍する企業は現行のFBAメンバーシップを有し、認定デベロッパは、企業の正社員であることが必要です。認定デベロッパがもはや在籍していない場合は、企業のFBAメンバーシップご担当者がそのことをFileMaker, Inc.に通知いただく必要があります。FBAメンバーでない場合は、ファイルメーカーのWebサイトの一覧に掲載されません。

FileMaker Communityメンバーは、プロフィールに FileMaker 資格認定合格時の登録番号を入力し、アバターに特別なバッジが表示されるようにすることができます。

資格の確認と資格認定の連絡には、登録番号をFBA事務局にEメールでお送りください。登録番号を紛失した場合は、資格認定情報をお送りいただければ、FileMaker, Inc.が資格の検証を行います。

FBAメンバーは、すでに登録済みの認定デベロッパがもはや在籍していない場合には、FBA事務局に速やかに連絡いただく必要があります。FileMakerは、いつでも雇用を監査できる権利を留保します。

認定デベロッパが在籍すFBAのメンバー企業は、FBAコンサルタントを一覧にまとめたコンサルタントのページ、およびトレーニングのページに掲載され、会社名の隣には資格認定のシンボルが表示されます。認定デベロッパの社員が在籍する企業がアルファベット順に掲載され、顧客の検索結果で上位に表示されます。

はい。取得されたFileMaker資格認定は、会社の主要所在地とすべての支社でカウントされます。

複数の認定デベロッパが在籍する企業につきましては、各バージョンの資格認定数が記載されます。

ロゴの使用

合格者には認定証とレターが送付されます。レターには、Webサイトからロゴをダウンロードするための特別なURLが記載されています。ダウンロードの際には、FileMaker 資格認定ロゴ(FileMaker Certification logo)使用許諾契約書の諸条件の遵守に同意することを求められます。

はい、あります。FileMaker 認定デベロッパロゴ(FileMaker Certified Developer logo)使用許諾契約書をご覧ください。ダウンロードはこちら

はい。認定資格所有者は、名刺や履歴書に資格名を記載することができます。ただしその場合は、認定資格の認定バージョン番号も記載する必要があります。