チュートリアル 101:

基本

チュートリアル 101: レッスン 2

FileMaker でカスタム App の作成

短時間で簡単にカスタム App を作成

FileMaker プラットフォームなら、どのデバイスでも利用可能なカスタム App を作成できます。プログラミングのスキルは不要です。このビデオでは、FileMaker でカスタム App を作成するプロセスの概要を説明します。また、ソリューションを進化させるために、何ができるのかを学びます。

最も簡単なカスタム App の作成方法の 1 つは、スプレッドシートを FileMaker アプリケーションへドラッグ & ドロップすることです。そして、ユーザがデータを入力するための見栄えのするユーザインターフェースのレイアウトをデザインします。写真や文書、署名などを取り込むためのフィールドを作成します。FileMaker プラットフォームで構築されたはカスタム App は、組織の成長やニーズの変化に応じて素早く進化できます。

共有を有効にすれば、ブラウザ、モバイルデバイス、またはコンピュータから、ワークグループ内の他のユーザがアクセスできます。データの変更は、カスタム App に接続中のすべてのユーザへと瞬時に反映されます。ファイルへの変更も同様です。

FileMaker を使用すると、自分やチームの作業方法に合わせて、カスタム App を簡単に作成、共有、実行することができます。

これが重要な理由は?

  • グラフ作成、マッピング、電子メールなど、カスタム App の可能性を確認し、ご自身の組織でアプリケーションを作成するためのアイデアとして活用してください。 
  • ステップバイステップで構築された便利で見栄えのするカスタム App を見れば、プログラミングの経験がなくても試してみる気になるでしょう。

ビデオ

FileMaker ソリューションを短時間で作成

造園会社のカスタム App がほんの数分でできあがる様子をご覧ください。

今回のコンセプト:

  • データからアプリケーションを作成: スプレッドシートのドラッグ & ドロップで始める
  • レイアウトの追加: 整ったユーザインターフェースの作成
  • 多様な種類のデータを保存: 写真、契約書、署名などを追加
  • 複数ユーザで共有: 1 つのファイルを共有し、複数ユーザの異なるデバイスで利用

関連リソース