チュートリアル 101:

基本

チュートリアル 101: レッスン 3

Starter Solution の使用

カスタム App の開発を一気に始める

今まで、カスタム App をはじめから作成する方法をご覧いただきましたが、それだけが唯一の作成方法ではありません。FileMaker Pro にはカスタム App の開発にすぐに取りかかれるように、多くの Starter Solution が用意されています。Starter Solution は、一般的なビジネス上の問題に焦点をあて、FileMaker Pro、FileMaker Go、FileMaker WebDirect で利用できるように最適化されています。 

Starter Solution は簡単に見つけることができ、すぐに使えます。自由に修正し、用途に応じてカスタマイズして利用できます。ニーズに完全に合っているものもあれば、機能の拡張や、自身のソリューションに一部を再利用することもできます。それらから、アプリケーションの構造を学んだり、アイデアを得ることもできます。

このビデオでは、3 種類の Starter Solution を確認します。オブジェクトフィールド、グラフ、電子メール送信、バーコードのスキャンなどの強力な機能について学びます。 

このビデオを見れば、自身の開発をすぐに始める準備が整います。

これが重要な理由は?

  • Starter Solution から機能の使い方のアイデアが得られます。そして、さらに掘り下げてアプリケーションの構築方法まで学べます。
  • Starter Solution は一般的なビジネス上の問題に焦点を当てています。そのため、初めてのカスタム App 構築の題材として最適です。

ビデオ

Starter Solution の活用

3 つの Starter Solution とその主要な機能を確認します。

今回のコンセプト:

  • 請求書: ダッシュボード、グラフ、製品詳細の確認
  • コンテンツ管理: イメージやファイルの表示と保存
  • 資産: iPad、iPhone ユーザでも利用できる資産管理

関連リソース