チュートリアル 101:

基本

チュートリアル 101: 基本

まとめ

お疲れ様でした。

これで FileMaker プラットフォームで行えることは理解できました。いよいよ次は、ご自身のビジネスにおいて直面している課題をいかにカスタム App で解決するかを考えましょう。

FileMaker Pro Advanced を起動したら サンプル App をチェックして、あなたのニーズに近いものを探してください。そのままサンプル App をご利用いただくことも、あなたのワークフローに合わせてアドオンテーブルで使いやすいように拡張していただくこともできます。

App を作成する方法の基礎を学びたい場合は、次のチュートリアル「作成」へお進みください。「作成」チュートリアルでは、ゼロからカスタム App を作成します。ですが、そのためにコーディングの経験は必要ありません。データ構造、レイアウト、スクリプト、レポートをステップバイステップで丁寧に解説するビデオチュートリアルで、カスタム App の構築を体験できます。そして、ご自身のビジネスに活かしましょう。

FileMakerプラットフォームの柔軟性と短時間で開発できる点を気に入りながらも、ご自身で構築するゆとりがない場合は、FileMaker Business Alliance の認定コンサルタントにご相談ください。

FileMaker のお客様が開発を始めるのに役立つ多くのリソースがあります。これらは、FileMaker のカスタム App の作成や拡張をするために提供しているものの一例です: