チュートリアル 201:

作成

チュートリアル 201: レッスン 4

レイアウト

レッスン教材
ファイルのダウンロード

Windows: zip ファイルを展開すると、最上位のフォルダー名が英語で表示されます。サブフォルダー及びコンテンツは日本語です。

Windows 7: 展開された zip ファイルに含まれるフォルダーおよびファイル名(日本語)が適切に表示されない場合があります。Microsoft がこの問題についての対応手順を公開しています。こちらをご確認ください。 Zipfldr.dll hot fix >

ユーザインターフェースの設計

前回までのレッスンで、データをどのように構成するかの考えが明確になったので、カスタム App の構築を始めることができます。はじめに、データを保管するためのテーブルとフィールドを作成します。これでカスタム App の基礎となる基本的なデータベースはできます。

テーブルとフィールドを作成したら、Excel のデータを新しいテーブルにインポートする方法を学習します。他のソースからデータをインポートする際、FileMaker Pro Advanced は優れた力を発揮します。お持ちのデータ形式がサポート外のものであれば、Excel あるいは他のサポートされている形式に変換してください。最後にリレーションシップを作成し、テーブルを互いに関連づけます。

テーブル自体は、一度に1つのテーブルからのデータを操作できるだけなので、スプレッドシートより強力なわけではありません。しかし、テーブル同士をリンクすると、互いのデータを認識できるようになります。また、テーブルを相互に関連づけると、データのつながりを確認し理解することができます。

これが重要な理由は?

  • レイアウトはカスタム App の顔です!ここがユーザの目に触れ、操作する場所になります。
  • レイアウト設定ツールを使用すると、ユーザのデバイスに最適なインターフェースを作成することができます。 
  • ユーザの目は無意識に不揃いの場所を見つけます。ここで紹介する整列ツールにより、プロがデザインしたようなインターフェースを作成できます。

ビデオ 1

はじめてのユーザレイアウトの作成

「顧客リスト」レイアウト作成を通じて、レイアウトのセットアップの基本を学びます。

このビデオで学ぶこと:

  • [新規レイアウト/レポート] ウィザード: ゼロからのレイアウト作成をサポート (0:50)
  • 画面ステンシルの設定: 特定の画面サイズに向けたレイアウトを作成する (2:45)
  • レイアウトパートとは: レイアウトの構造を理解する (3:15)
  • フィールドタブからフィールドを追加: 素早くレイアウトにデータを表示する (4:32)
  • ダイナミックガイドを使った整列: フィールドとラベルをドラッグで整列させる (7:38)

ビデオ 2

リストレイアウトの改良

ユーザが重要なデータを見やすくなるように、新しいレイアウトを調整します。

このビデオで学ぶこと:

  • レイアウトの高さの調整: 画面スペースを節約する (0:48)
  • レイアウトの変更を元に戻す/再実行: 不要な変更を元に戻す (2:11)
  • スタイルとテーマの適用: 数回のクリックでレイアウトの外観を整える (2:53)
  • レイアウトの管理: レイアウトを整理する (6:30)

関連リソース