チュートリアル 202:

拡張

チュートリアル 202: レッスン 7

ダッシュボード

レッスン教材
ファイルのダウンロード

Windows: zip ファイルを展開すると、最上位のフォルダー名が英語で表示されます。サブフォルダー及びコンテンツは日本語です。

Windows 7: 展開された zip ファイルに含まれるフォルダーおよびファイル名(日本語)が適切に表示されない場合があります。Microsoft がこの問題についての対応手順を公開しています。こちらをご確認ください。 Zipfldr.dll hot fix >

カスタム App のウェルカムページ

ここまでで、カスタム App にユーザの仕事を簡素化できる多くの機能が搭載されました。頻繁に行うタスクを共通のホームページにまとめることで、ユーザはそこから直接作業を始められ、より多くの時間を節約できます。このような種類のホームページは、ダッシュボードと呼ばれます。

ダッシュボードを作成するために、このコースで得たスキルを活用します。ユーザへのインタビュー、スクリプト、スクリプト引数、そしてレイアウトデザインです。新しいアイデアも登場します。 

ご存知の通り、すべてのレイアウトはデータテーブルを割り当てる必要がありますが、ダッシュボードはビジネスデータからは独立したレイアウトです。そこは、特定のレコードを保存するためではなく、ユーザの作業を振り分けるための中心的な場所となるものです。誤って実際のデータが変更されないように、ビジネスデータを保存しない新しい「インターフェース」テーブルを作成します。

レイアウトパートの背景にイメージを使い、カスタム App をパーソナライズする方法を学びます。また、スクリプトトリガを使って、スクリプトを起動する方法も学習します。ボタンをクリックして特定のスクリプトを呼び出すのではなく、レイアウトを読み込む、フィールドから出るなど、ユーザの自然な操作をきっかけとして、スクリプトが起動するように設定します。最後に、組み込みのクイック検索を使用して、1 つの検索語で複数のフィールドを検索します。

これが重要な理由は?

  • ダッシュボードはカスタム App のポータルのようなものです。ユーザが素早く作業を行ったり、重要なグラフをわかりやすく表示したりすることができる美しいホームページです。頻繁なタスクがほんの数クリック分でも節約されれば、週単位、月単位では大幅な効率化となります。
  • スクリプトトリガはスクリプトをバックグラウンドで実行させるため、ユーザがそのための操作をする必要はありません。

ビデオ 1

ダッシュボードの作成

練習サンプルのイメージを使用してパーソナライズされたダッシュボードレイアウトを作成します。

このビデオで学ぶこと:

  • 計画の変更: 頻繁に行うタスクについてユーザにたずねる (0:58)
  • ニュートラルなテーブルの作成: ビジネスデータを保存しない「インターフェース」テーブルを作成 (1:23)
  • レイアウトの作成: 新しいレイアウトにイメージを追加 (1:58)
  • 頻繁な操作用のスクリプト: 要求されたタスクのためにボタンとスクリプトを作成 (4:37)
  • サブスクリプトの呼び出し: 新しいスクリプトから既存のスクリプトを起動する (11:06)

ビデオ 2

クイック検索の追加によるダッシュボードの改良

グローバルフィールド、スクリプトトリガ、[クイック検索の実行] スクリプトステップで、ダッシュボードからの検索を可能にします。

このビデオで学ぶこと:

  • グローバルフィールドの追加: 検索条件を入力するためのフィールドを作成 (0:58)
  • クイック検索のスクリプト: 複数のフィールドを検索するスクリプトを追加 (5:16)
  • エラー処理: 適切にエラーを処理する (6:34)
  • スクリプトトリガのテスト: 検索条件を入力し、新しいスクリプトを呼び出す (10:46)
  • ナビゲーションの洗練: ダッシュボードに切り替えられるようにナビゲーションを変更 (11:32)
  • ホームページの設定: ダッシュボードを開くようにファイルを設定 (14:22)

関連リソース