チュートリアル 202:

拡張

チュートリアル 202: 拡張

概要

このコースで習得できること

チュートリアル 201:「作成」では、架空のフィジカルセラピークリニックのカスタム App を作成しました。このコースでは、より多くのユーザのために機能を追加し、カスタム App の自動化、複雑化、ニュアンスを向上させます。これにより、将来ご自身のカスタム App に直接適用できるスキルが養われます。 

このコースの内容は 201 にもとづいているため、このコースを開始する前に 201 のレッスンを完了しておくと良いでしょう。

このチュートリアルは、連続的な内容で構成されたビデオシリーズとして作られており、新しい一連の機能を計画、作成、テストする一般的なサイクルをハンズオンで体験できます。チュートリアルを始めから通して実践することで、開発のプロセスをよく理解することができます。

202 と 201 の比較

コース 202 は 201 とは異なる点がいくつかあります。

201 では、データモデルの概念、レイアウト、計算式、スクリプト、セキュリティを、個別のレッスンで学習しました。202 は、より実践的な内容になっています。レイアウトオブジェクトを作成した後、計算式を記述し、スクリプトを設定することで新しい機能を追加します。

次の新機能をカスタム App に追加します:

  • より複雑なレポート
  • テーマとスタイルの調整
  • 多対多のリレーションシップ
  • 顧客へのリマインドメール送信機能
  • ダッシュボード

このコースのいくつかのサンプルファイルは、すでに下準備がされており、レッスンで扱う新しい概念に集中できるようになっています。前のレッスンのサンプルファイルをそのまま利用するのではなく、レッスンごとに新しいサンプルファイルをダウンロードしてください。

ソフトウェア

始める前に、FileMaker Pro をコンピュータにインストールしておきましょう。まだお持ちでない場合は、無料評価版をダウンロードしてください。 

また、FileMaker Pro Advanced の導入もご検討ください。フィールドやテーブルのコピー、スクリプトのデバッグ、データの監視など、開発プロセスをより効率化する特別な機能が用意されています。レッスン 3 と 5 ではこれらの機能をいくつか紹介します。

カスタム App を拡張する準備ができたら、早速、レッスン 1 : 拡張の計画から始めましょう。

2017年版 制作協力