チュートリアル 202:

拡張

チュートリアル 202: レッスン 2

テーマとスタイル

レッスン教材
ファイルのダウンロード

Windows: zip ファイルを展開すると、最上位のフォルダー名が英語で表示されます。サブフォルダー及びコンテンツは日本語です。

Windows 7: 展開された zip ファイルに含まれるフォルダーおよびファイル名(日本語)が適切に表示されない場合があります。Microsoft がこの問題についての対応手順を公開しています。こちらをご確認ください。 Zipfldr.dll hot fix >

インターフェースデザインの制御

カスタム App が複雑な構造になってくると、可能な限り、構築の作業を合理化することが重要になります。FileMaker Pro のテーマスタイルを利用すれば、1 箇所でレイアウトのユーザビリティを改善すると、カスタム App 全体へと簡単に変更を適用できるようになります。

FileMaker Pro のスタイルは書式設定のセットで、レイアウトのオブジェクトへ自動で適用できます。スタイルは複数のオブジェクトに適用できるので、スタイルを変更すると、同時にそれらすべてのオブジェクトへと反映されます。

同様に、テーマは複数のレイアウトに適用できるスタイルのセットです。テーマをカスタマイズして保存すると、そのテーマを使用しているレイアウトがまとめて更新されます。たとえば、フィールドラベルの書式を変更することになった際、どこか 1 箇所を変えると、その変更はカスタム App 全体へとまとめて適用され、デザインの一貫性を保つことができます。

このレッスンでは、新しいスタイルを作成しカスタム App のテーマに保存します。またリストレイアウトの閲覧性が高まるように、小計パートを新しい計算式と組み合わせます。

これが重要な理由は?

  • 開発時間を節約:テーマにより、個別に変更することなくレイアウトを調整し、プロのような仕上がりが得られます。
  • ユーザの時間を節約:スタイルやテーマを使用するレイアウトは、ユーザのスピードに合わせてより迅速にレンダリングされます。

ビデオ

顧客リストの改善

リストレイアウトを読みやすくしたいというユーザの要求に対処することで、スタイルやテーマの編集と保存を練習します。

このビデオで学ぶこと:

  • フィールドの整列を調整:ラベルにフィールドテキストが揃うように、パディングを消す (3:21)
  • 新しいカスタムスタイルの作成:書式変更の拡張 (4:03)
  • テーマの更新:他のレイアウトに新しいスタイルを適用 (5:39)
  • オブジェクトの表示状態の設定:操作できるボタンであることを視覚的に見せる (8:36)
  • 小計パートによるリストのグループ化 :リストの閲覧性を高める (14:16)

関連リソース