チュートリアル 203:

共有

チュートリアル 203: 共有

まとめ

お疲れ様でした。

カスタム App は FileMaker Cloud に展開され、これでログインして共同作業を行えるようになりました。FileMaker Cloud と Amazon Web Services (AWS) が提供する複数のセキュリティ機能が、カスタム App を安全に保護しています。

定期的なバックアップも行われますので、何か間違いがあっても復元することができます。手間の掛かることはすべて FileMaker Cloud がやってくれます。ただし、定期的に Admin Console をチェックしてログオン中のユーザを確認し、統計、ログ、ストレージをチェックしてパフォーマンスが適切であることを確認することをお勧めします。

ユーザがカスタム App を使い込むにつれ、新機能の要望が出されたり、あるいは新しいカスタム App を作って欲しいというリクエストもあるでしょう。そのようなときは、開発サイクルの進行に合わせてチュートリアル 201「作成」、202「拡張」、203「共有」 を復習し、クラウドへ展開する新バージョンのカスタム App を作成するお役に立てください。