チュートリアル 301:

バージョン 16 の新機能

チュートリアル 301: バージョン 16 の新機能

まとめ

お疲れ様でした。

チュートリアル 301 :「バージョン 16 の新機能」を終了しました。FileMaker 16 プラットフォームに追加された、主な新機能のツアーを終了しました。是非、ご自身のカスタム App にもそれをご活用ください。

新しいスキルのまとめ

このコースのレッスンを通して、主な FileMaker 16 の新機能を体験してきました。

すでに以下のスキルが身につきました:

  • レイアウトオブジェクトウインドウで複雑なレイアウトを正確に編集
  • カードスタイルのウインドウで洗練されたアラートダイアログを表示
  • FileMaker Server から PDF を自動で提供
  • FileMaker Go アプリケーションに視覚的なトランジションを追加
  • ドキュメントを見ながら署名できるように、署名キャプチャ画面を配置
  • JSON データの解析関数により、他の Web サービスやアプリケーションとデータを交換

次に行うことは?

これらの機能をご自身のカスタム App に組み込みましょう。ご自身のビジネスケースに適用できるのか、そしてそれらがどのような効果をユーザにもたらすかを考えてください。

さらに詳しい情報は、次のリソースを参照してください。

  • FileMaker Pro のヘルプメニューには、サポートドキュメントへのリンクがあります。
  • FileMaker Community にこれらの機能を利用しているメンバーがいるかもしれません。実装についてのさらなるアイデアも得られるでしょう。
  • 特定の課題について開発したコンテンツやツールを共有しましょう。役立つアイデアに投票したり、ドキュメント、ビデオを「いいね!」しましょう。App Innovations コミュニティスペース(英語)を訪問 >
  • DevCon の録画セッションで、開発者、ユーザ、ビジネスチームによる現場の最新プラクティスについて聞くことができます。すぐに見る >