FileMaker Training Series

FileMaker プラットフォームに必要不可欠な知識を習得

基礎および応用トレーニング

FileMaker Training Seriesは、自分のペースで学習できるFileMaker, Inc.の公式トレーニングカリキュラムです。

幅広いユーザに役立つトレーニングです:

  • 他の人が開発したカスタム Appをもっと快適に使いたいエンドユーザ
  • チームまたはビジネス向けにカスタム Appの開発を検討している特定分野の専門家
  • FileMaker プラットフォームの認定資格の取得を目指す専業デベロッパ
FileMaker Training Series: 基礎編

FileMaker プラットフォームの概要はもちろん、あなたに最適なカスタム Appを作成するのに役立つ、さまざまな組み込みのツールやテンプレートについてのツアーも用意されています。

レイアウト活用の基礎や、iPadおよびiPhone向けの画面の作成、また外出先でのレポート生成についても取り上げます。計算式やスクリプト、カスタム Appを保護する方法についても触れます。

次の言語で利用できます: 日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スウェーデン語、オランダ語、スペイン語、中国語 (簡体字)、およびポルトガル語 (ブラジル)

FileMaker Training Series: 応用編

『FileMaker Training Series: 応用編』では、インターフェースデザイン、自動化、セキュリティなどのトピックを包括的に取り上げています。FileMaker プラットフォームを使ってカスタム Appを開発するために必要不可欠な知識を習得することができます。また、学習効果を高めるデモファイルや演習も含まれています。

次の言語で利用できます: 日本語および英語

FileMaker Training Series: 基礎編

このトレーニングシリーズは、FileMaker プラットフォームの基本機能や利点を中心とした内容になっています。カスタム Appのサンプルをどのように構築するのか、始めから終わりまで学ぶことができます。

トピック

1

プラットフォームのコンポーネント

1
プラットフォームのコンポーネント

FileMaker プラットフォームの製品がどのように連携するかを学びます。

2

FileMaker インターフェース

2
FileMaker インターフェース

カスタム Appを操作して、データを表示したり編集したりするためのさまざまな方法を理解します。

3

ユーザエクスペリエンスをもとに始める

3
ユーザエクスペリエンスをもとに始める

適切なデザインプロセスのステップに従い、プロジェクトを開始するための基本的な原則について学びます。

4

フィールドとテーブルの作成

4
フィールドとテーブルの作成

リレーショナルシステムの構成要素となるフィールドとテーブルを作成します。

5

データのインポート

5
データのインポート

他のデータソース(Excelファイルなど)からカスタム Appにデータを取り込みます。

6

リレーションシップの確立

6
リレーションシップの確立

テーブル間にリレーションシップを確立し、ユーザがまったく新しい次元でデータを操作できるようにします。

7

ユーザインターフェースのデザイン

7
ユーザインターフェースのデザイン

良いユーザインターフェースをデザインする重要性や、iOSデバイス向けのカスタム Appを作成する際のベストプラクティスを学びます。

8

自動化

8
自動化

計算式、関数、および演算子について紹介します。次に、これらの機能をスクリプトで使用してカスタム Appに自動化を実装します。

9

レポートの作成

9
レポートの作成

データを集計して、その結果をグラフやテキストベースのレポートとして表示します。

10

統合

10
統合

外部ユーザと情報を共有し、他のデータベースシステムと接続してデータを双方向でやり取りできるようにします。

11

セキュリティ

11
セキュリティ

アカウントやアクセス権セットなど組み込みの機能を使ってデータを保護します。

12

展開

12
展開

カスタム Appを複数のユーザが利用できるようにし、ファイル管理およびバックアップのための適切な戦略を確立します。

FileMaker Training Series: 応用編

このトレーニングシリーズでは、デベロッパ向けにFileMaker プラットフォームを使用したカスタム Appの計画、作成、展開についてステップごとに詳しく紹介していきます。

また、FileMaker, Inc.が提供するFileMaker 資格認定を取得するための基本的な準備を行えます。

トピック

1

主な概念

1
主な概念

利用可能なプラットフォーム、パフォーマンス、ユーザエクスペリエンス、デザインプロセスといった考慮すべき原理全般について学びます。

2

データ

2
データ

データモデリング、エンティティ、およびリレーションシップの基礎を学びます。

3

インターフェース

3
インターフェース

レイアウト、レイアウトオブジェクト、フィールドコントロール、および高度な書式設定について紹介します。

4

計算式

4
計算式

計算式のロジック、演算順序、およびさまざまな組み込み関数について学びます。

5

スクリプト

5
スクリプト

スクリプトおよびスクリプトトリガを使ってカスタム Appを自動化します。

6

レポートの作成

6
レポートの作成

データを分析し、さまざまなレポートとグラフを使って表示します。

7

セキュリティ

7
セキュリティ

アカウント、アクセス権セット、条件付きレコードアクセス、および暗号化を使用してカスタム Appを保護します。

8

展開

8
展開

FileMaker Serverを使ってカスタム Appをホストします。FileMaker WebDirectを使用したWebへの展開や、バックアップ、サーバーサイドの自動化などのオプションについて紹介します。

9

統合

9
統合

ODBCデータソース、外部SQLデータソース、およびWebサービスAPIを使用して外部システムに接続します。