FileMaker Pro

あなたのビジネスに合ったカスタム App を作成

FileMaker Pro は、iPad、iPhone、Windows、Mac および Web にわたってシームレスに動作するカスタム App の作成に使用される、シンプルでパワフルなソフトウェアです。

固有で、たえず移り変わるビジネスニーズに対応する、独自のカスタム App を簡単に構築できます。あるいは、着想を得るために、連絡先や目録、コンテンツなどを管理するための、組み込みの Starter Solution を試してみることもできます。

Starter Solution を見る

製品概要

今すぐ始める プロフェッショナルにデザインされた Starter Solution から自由に選択して、連絡先、目録、プロジェクト、請求書、資産などを管理します。
既存データのインポート CSV、タブ区切り、XML、ODBC、Microsoft Excel(xlsx 形式)ファイルなど、既存のデータを FileMaker Pro に取り込めます。
容易にカスタマイズ 柔軟性の高いデザインツールを使用して、レイアウトの表示や機能を思いのままにできます。幅広い開発経験や IT スキルは必要ありません。
組み込みのレポートツール 簡単に使えるレポートツールとグラフ作成ツールで、概要レポート、カラフルなグラフ、エグゼクティブダッシュボードを数回のクリックだけで作成できます。一般的な Excel および PDF 形式で情報を保存します。
チーム内での共有 iPad、iPhone、Windows、Mac および Web にわたってシームレスに連携して動作するカスタム App を作成できます。チーム内での情報共有について、さらに詳しくはこちらを参照してください。
他のプログラムとの統合 他のアプリケーションからデータの交換や操作を行えます。また、Microsoft SQL Server、Oracle、および MySQL などのデータソースとの間に、双方向のライブ接続を確立できます。

FileMaker Pro 15 の新機能

製品内でソフトウェア更新 FileMaker Pro のソフトウェア更新の通知を製品内で受信し、すぐにその最新の更新を製品内でダウンロードおよびインストールできます。
スクリプトを元に戻す
スクリプトに行った作業を、複数回さかのぼって元に戻せるので、すぐに復帰できます。必要なだけ何回でも作業を元に戻したり、やり直したりすることができるようになりました。変更は、スクリプトワークスペースの保存と終了が完了するまで確定しません。
スクリプトエラーの強調表示 スクリプトワークスペースでは問題のある箇所のテキストが赤く強調表示され、簡単に識別できます。この機能は、他のカスタム App からスクリプトをインポートしたときや、複数のスクリプトを持つ複雑なカスタム App において効果的です。
ESS アダプタ ESS アダプタを使用すると、接続できる 外部 SQL データソースがさらに増え、PostgreSQL、IBM DB2 にも接続できます。
基本の Starter Solution 4 つの新しい基本の Starter Solution から、カスタム App の作成に最適なものを選択し、連絡先、目録、コンテンツ、およびタスクの管理をすぐに開始できます。
Web ベースのヘルプ 新しい Web ベースのヘルプを使用すると、FileMaker Pro の情報を検索するときに、より短い時間で結果を得られます。さらに、ヘルプをダウンロードしてオフラインで使用することもできます。
ユーザーインターフェースの向上 FileMaker Pro のステータスツールバーにある新設計のアイコンにより、カスタム App の見た目がフレッシュになりました。
マスク付き編集ボックス パスワードやクレジットカード番号といった機密情報を非表示にして、画面に表示されないようにできます。データは「•」記号でマスクされます。FileMaker Pro Advanced を使用した、カスタム App でのデータ暗号化については、こちらを参照してください。
セキュリティ事前警告 FileMaker プラットフォーム内では、無効なセキュリティ証明書を持つホストまたは Web サイトに接続しようとすると、接続前に警告が通知されます。
ポータルの進行状況バー カスタム App で作業中の生産性を向上させましょう。データのフィルタおよびソート処理の実行中も、カスタム App の使用を継続できます。タスクが完了すると、進行状況バーでわかります。