Windows および Mac 用

FileMaker Pro

あなたのビジネスに合ったカスタム Appを作成

FileMaker Proは、iPad、iPhone、Windows、MacおよびWebにわたってシームレスに動作するカスタム Appを作成するためのシンプルでパワフルなソフトウェアです。

固有で、たえず移り変わるビジネスニーズに対応する、独自のカスタム Appを簡単に構築できます。あるいは、着想を得るために、連絡先や目録、コンテンツなどを管理するための、組み込みのStarter Solutionを試してみることもできます。

Starter Solutionを見る

製品概要 新機能を見る
今すぐ始める プロフェッショナルにデザインされたStarter Solutionから自由に選択して、連絡先、目録、プロジェクト、請求書、資産などを管理します。
既存データのインポート CSV、タブ区切り、XML、ODBC、Microsoft Excel(xlsx形式)ファイルなど、既存のデータをFileMaker Proに取り込めます。
容易なカスタマイズ 柔軟性の高いデザインツールを使用して、レイアウトの表示や機能を思いのままに作成できます。幅広い開発経験やITスキルは不要です。
組み込みのレポートツール 簡単に使えるレポートツールとグラフ作成ツールで、概要レポート、カラフルなグラフ、エグゼクティブダッシュボードを数回のクリックだけで作成できます。一般的なExcelおよびPDF形式で情報を保存します。
チーム内での共有 iPad、iPhone、Windows、MacおよびWebにわたってシームレスに連携して動作するカスタム Appを作成できます。チーム内での情報共有について、さらに詳しくはこちらを参照してください。
他のプログラムとの統合 他のアプリケーションからデータの交換や操作ができます。また、Microsoft SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQL、および IBM DB2 などのデータソースとの間に、双方向のライブ接続を確立できます。
FileMaker Pro 16 の新機能 製品概要を見る
レイアウトオブジェクトウインドウ レイアウト上のすべてのオブジェクトを、階層的に表示されたリストで確認できます。セットをグループ解除しなくても、オブジェクトを選択し、すぐに変更を加えることができます。さらに、レイアウト上の重なって配置されているオブジェクトや非表示になっているオブジェクトを簡単に見つけることができます。
カード 自動的にサイズ変更されてメイン画面上に適切に配置されるウインドウをワンステップで簡単に作成できます。ユーザは先にカードを閉じなくても、他のウインドウやファイルを開くことができます。
Windows OS 上での新しい FileMaker Pro インターフェース 一新されたユーザインターフェースにより、Windows OS での FileMaker Pro の操作性がさらに向上します。
値一覧のコピーと貼り付け FileMaker Pro の値一覧をコピーして貼り付け(ペースト)することができるため、貴重な開発時間を節約できます。
FileMaker データソース参照内の変数 ファイルパスを選択するときに変数を指定して、ホストされている FileMaker のファイルを動的に開くことができます。
cURL オプションの機能強化 90 を超える cURL オプションの中から選択し、REST API を経由して他のアプリケーションに JSON データを要求する詳細な HTTP/HTTPS ネットワーク呼び出しを簡単に作成できます。
JSON 関数 他のデータソースから要求された JSON データの解析および生成を簡素化する、あらかじめ定義された関数を使用できます。
外部スクリプトステップ FileMaker プラグイン SDK および iOS App SDK での外部スクリプトステップのサポートにより、サードパーティ製プラグインの機能を拡張できます。
クリック可能なセキュリティロックアイコン ネットワーク接続のセキュリティに関する詳細 (SSL 証明書、関連の詳細情報、証明書の有効期限など) が表示されます。
OAuth 2.0 によるアカウントをサポート 既にお持ちの Amazon、Google、または Microsoft Azure のアカウント認証情報を使用して FileMaker ベースのカスタム App にログインできます。
フィールドレベルでのテキストの暗号化 フィールド内のテキストを暗号化できます。