FileMaker Server

信頼性に優れたハイパフォーマンスなデータ接続

FileMaker Serverは、FileMaker Pro、FileMaker GoおよびFileMaker WebDirectユーザのグループと安全にデータを共有するために使用される、高速で信頼性に優れたサーバーソフトウェアです。24時間/週7日の可用性と信頼性が実現され、カスタム Appを容易にリモート管理でき、管理タスクの自動化による時間も節約できます。

各クライアントは、「ユーザ接続」を使用してFileMaker Serverに接続します。この「ユーザ接続」は、FileMaker Server Admin ConsoleまたはFileMaker Storeで購入できます。

製品概要 新機能を見る
インストールも管理も簡単 FileMaker Serverのインストールは、ほとんどの場合20分以内で完了するので、すぐに簡単にカスタム Appをリモートから管理し、管理タスクを自動化できるようになります。
24時間/週7日の信頼性と可用性 24時間/週7日の可用性が実現し、いつでもデータにアクセスできます。スケジュールされたライブバックアップでデータを保護でき、このバックアップはカスタム Appが使用中でも実行されます。
堅牢なスケーラビリティ 信頼性に優れたセキュリティとネットワークパフォーマンスでFileMakerのユーザグループを管理します。FileMaker Serverでは、ネットワーク化するFileMaker Proクライアントの数に制限はありません。ご使用のハードウェア、カスタム Appのデザイン、オペレーティングシステム、またはライセンスプログラムによって制限が決まります。
業界標準のセキュリティ Active Directory/Open Directoryによる外部認証でユーザアクセスを管理します。データ転送のセキュリティを確保するにはSSL暗号化を使用します。また、FileMaker Serverで共有されたデータは、強力なAES 256ビット暗号化を使用して保護されます。ただし、各カスタム Appで暗号化を有効にするには、FileMaker Pro Advancedが必要です。
Webテクノロジー FileMaker WebDirectを使用して、Webブラウザで対話型のソリューションを実行します。Webプログラミングのスキルは必要ありません。または、カスタムWeb公開を用いて、PHPまたはXMLを使用するデータ駆動型のカスタムWebサイトを作成することもできます。
ODBC/JDBCサポート ODBC(Open Database Connectivity)およびJDBC(Java Database Connectivity)を使用すると、FileMaker Serverで共有されているカスタム Appに、外部プログラムや開発ツールを組みあわせて読み取りと書き込みができます。最大50の、同時ODBC/JDBCリモート接続をサポートしています。
FileMaker Server 16 の新機能 製品概要を見る
FileMaker Data API (Trial) トライアル期間中 (2018 年 9 月 27 日まで)、REST ベースの FileMaker Data API を使用して、他のアプリケーションやサービスで FileMaker のデータを利用できます。FileMaker Data API の今後の計画について、さらに詳しく (英語)。
Tableau Web データ コネクタ for FileMaker Tableau で FileMaker データをより良く視覚化できます。このコネクタは Tableau Desktop との統合を提供する FileMaker Data API です。
PDF のサポート FileMaker Server で実行されるスクリプトを使用して、自動化されたレポートの実行や情報の PDF 保存ができます。
OAuth 2.0 によるアカウントをサポート 外部サーバーアカウント認証を設定することで認証情報の管理を簡素化できます。