Windows および Mac 用

FileMaker Server

信頼性に優れたハイパフォーマンスなデータ接続

FileMaker Serverは、FileMaker Pro Advanced、FileMaker GoおよびFileMaker WebDirectユーザのグループと安全にデータを共有するために使用される、高速で信頼性に優れたサーバーソフトウェアです。24時間/週7日の可用性と信頼性が実現され、カスタム Appを容易にリモート管理でき、管理タスクの自動化により時間も節約できます。

各クライアントは、ユーザライセンスを使用して FileMaker Server に接続します。ユーザは、FileMaker Server Admin Console または FileMaker Store で購入できます。

製品概要 新機能を見る
インストールも管理も簡単 FileMaker Server ソフトウェアのインストールは、ほとんどの場合 20 分以内で完了するので、すぐに簡単にカスタム App をリモートから管理し、管理タスクを自動化できるようになります。
24時間/週7日の信頼性と可用性 24時間/週7日の可用性が実現し、いつでもデータにアクセスできます。スケジュールされたライブバックアップでデータを保護でき、このバックアップはカスタム Appが使用中でも実行されます。
堅牢なスケーラビリティ 信頼性に優れたセキュリティとネットワークパフォーマンスで FileMaker のユーザグループを管理します。FileMaker Server はネットワーク化するクライアントを 500 までサポートすることが検証されています。ご使用のハードウェア、カスタム App の設計、オペレーティングシステム、またはライセンスプログラムによって制限される場合があります。
業界標準のセキュリティ Active Directory、Open Directory、または OAuth 2.0 アイデンティティプロバイダを使用した外部認証でユーザアクセスを管理します。データ転送のセキュリティを確保するにはSSL暗号化を使用します。また、FileMaker Serverで共有されたデータは、強力なAES 256ビット暗号化を使用して保護されます。ただし、各カスタム Appで暗号化を有効にするには、FileMaker Pro Advancedが必要です。
Webテクノロジー FileMaker WebDirectを使用して、Webブラウザで対話型のソリューションを実行します。Webプログラミングのスキルは必要ありません。または、カスタムWeb公開を用いて、PHPまたはXMLを使用するデータ駆動型のカスタムWebサイトを作成することもできます。
ODBC/JDBCサポート ODBC(Open Database Connectivity)およびJDBC(Java Database Connectivity)を使用すると、FileMaker Serverで共有されているカスタム Appに、外部プログラムや開発ツールを組みあわせて読み取りと書き込みができます。最大50の、同時ODBC/JDBCリモート接続をサポートしています。
FileMaker Server 17 の新機能 製品概要を見る
FileMaker Server Admin Console デザインが刷新され、さらに軽量化されて合理化されたユーザインターフェースで、カスタム App を管理しやすくなりました。
FileMaker Admin API (Trial) FileMaker Admin API を使用すると、REST API アクセスにより FileMaker Server を管理することができます。FileMaker Admin API のトライアル期間は、2019 年 9 月 27 日までとなっています。トライアル期間終了後は使用できなくなります。トライアル版の詳細を確認する
FileMaker Data API トライアル機能ではなくなりました。改善された FileMaker Data API では、さらに標準化された API 形式も含め、FileMaker Server スクリプトのサポート、オブジェクトフィールドにファイルをアップロードする機能が追加されています。