FileMaker 16 プラットフォームの新機能

チームの役に立つカスタム App の作成

モビリティ

ユーザを満足させる iPad および iPhone 向けカスタム App の作成

スクリプトを使用したアニメーションとトランジション

ユーザが FileMaker Go でカスタム App を操作するときに、視覚的なトランジションを提供することで、よりわかりやすくユーザを導きます。
たとえば、スクリプトステップを使用して連絡先の一覧から連絡先の詳細へのトランジションをアニメーションで表示します。

署名キャプチャの機能強化

紙のフォームに署名するように、iPad または iPhone 上でドキュメントに署名できます。フルスクリーンに加え、署名キャプチャ画面をオーバーレイまたはレイアウトに埋め込みして表示できます。これにより、ユーザは何に署名しているかを同じ画面上で確認できます。

領域監視のスクリプトステップ

iOS デバイスの位置に基づいてビジネスワークフローを自動化します。iOS デバイスが事前に設定した iBeacon に近づいたときに自動的に処理を実行できます。または、事前に設定したジオフェンスに入ったときに自動的に位置情報を取得できます。

カスタムの用紙サイズ

ニーズに合う適切な用紙サイズを選択できます。FileMaker Go で印刷するときに
ユーザ定義の用紙サイズを追加して既存の用紙サイズの順序を変更します。

開発

より短い時間でパワフルなカスタム App を構築

レイアウトオブジェクトウインドウ

レイアウトを操作するときの時間を節約できます。新しいレイアウトオブジェクトウインドウでは、レイアウト上のすべてのオブジェクトを階層的に表示された一覧で確認できます。オブジェクトを選択するだけで、セットをグループ解除しなくても、すぐに変更を加えることができます。さらに、レイアウト上の重なって配置されているオブジェクトや非表示になっているオブジェクトを簡単に見つけることができます。

カード

自動的にサイズ変更されてメイン画面上に適切に配置されるウインドウを、ワンステップで簡単に作成できます。カードの使用でより細やかなユーザ操作性を実現 — 他のウインドウまたはファイルでの作業に影響を及ぼすことなく、ユーザがメインウインドウに戻る前に処理を実行できるように誘導します。

PDF のサポート

請求書、ラベル、バッジなどの PDF を FileMaker WebDirect で印刷できます。

FileMaker Server で実行されるスクリプトを使用して、自動化されたレポートの実行や、情報の PDF 保存ができます。

Windows OS 上での
新しくなった FileMaker Pro インターフェース

一新されたユーザインターフェースにより、Windows OS での FileMaker Pro の操作性がさらに向上します。カスタム App で作業するときに画面領域を最大にして複数のモニタを使用できます。

値一覧のコピーと貼り付け

FileMaker Pro の値一覧をコピーして貼り付け(ペースト)することができるため、貴重な開発時間を節約できます。

FileMaker データソース参照の変数

ファイルパスを選択するときに変数を指定して、ホストされている FileMaker のファイルを動的に開くことができます。

データビューアの機能強化

FileMaker Pro Advanced に用意されているデータビューアで関数名のオートコンプリートを使用することにより、生産性が向上します。さらに、関数の結果が自動的に計算されて [式の編集] ウインドウがサイズ変更されるため、すべての結果を簡単に確認できます。

統合

他のデータソースへ接続して
FileMaker のカスタム App をさらに活用

cURL および JSON

他の Web サービスやアプリケーションと簡単にデータ交換できます。

cURL オプションの機能強化

90 を超える cURL オプションの中から選択することで、REST API を経由して他のアプリケーションに JSON データを要求する詳細な HTTP/HTTPS ネットワーク呼び出しを簡単に作成できます。

cURL のドキュメントを見る

JSON 関数

他のデータソースから要求された JSON データの解析および生成を簡素化する、あらかじめ定義された関数を使用できます。

JSON のドキュメントを見る

FileMaker Data API (Trial)

トライアル期間中、FileMaker Server の REST ベースの FileMaker Data API を使用して、他のアプリケーションやサービスで FileMaker のデータを利用できます。

Tableau Web データ コネクタ for FileMaker

Tableau Web データ コネクタ for FileMaker により、FileMaker データをより良く視覚化できます。このコネクタは Tableau Desktop との統合を提供する FileMaker Data API です。

FileMaker Data API のトライアル期間は、2018 年 9 月 27 日までとなっています。トライアル期間終了後は使用できなくなります。

FileMaker Data API ガイドを見る

FileMaker Data API についてさらに詳しく

外部スクリプトステップ

FileMaker プラグイン SDK での外部スクリプトステップのサポートにより、サードパーティ製のプラグインの機能を拡張できます。この新機能は、iOS App SDK を使用して作成された iOS アプリケーションでも動作します。FileMaker ベースのカスタム App を、社内で常用されている他のアプリケーションやテクノロジーと簡単に接続できます。

FileMaker プラグイン SDK のダウンロード
iOS App SDK についてさらに詳しく (英語)

セキュリティ

カスタム App の安全性を確立する新しいツール

OAuth 2.0 のサポート

外部サーバーアカウント認証を設定することで認証情報の管理を簡素化できます。既存の Amazon、Google、または Microsoft Azure のアカウント認証情報を使用して FileMaker ベースのカスタム App にログインできます。

クリック可能なセキュリティロックアイコン

FileMaker Pro でのネットワーク接続のセキュリティについて詳細が表示されます。SSL 証明書、関連する詳細情報、および証明書の有効期限に関する情報などを確認できます。

スケーラビリティ

Web ブラウザを使用してより多くのユーザとデータを共有

FileMaker WebDirect のスケーラビリティ

Web ブラウザを使用してより多くのチームメンバーが同時に接続できます。FileMaker WebDirect では同時に 500 ユーザまでサポートします。

New! FileMaker Cloud

クラウドで簡単にチームと情報を共有できます。新しい FileMaker Cloud はカスタム App への安全かつ信頼性の高いアクセスを実現します。サーバーへの展開やメンテナンスをすることなく、FileMaker プラットフォームのシンプルさとパフォーマンスを利用できます。FileMaker Cloud は、AWS(アマゾン ウェブ サービス)のクラウド上で稼働します。日本、米国、カナダ、ヨーロッパ、およびオーストラリアで使用できます。

さらに詳しく