FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

「紙での情報交換」から「デジタル化」へ。
情報共有でグループ業務が「オープン」に。

ミノルタ販売株式会社 様

業種:流通・小売・卸
ユーザ規模:150
該当部署:商品管理部 商品管理2課
ご担当者様:武田 典之 様 / 主任
URLhttp://www.minolta-sales.co.jp

導入前のシステム状況

ミノルタ販売株式会社は、主にミノルタ製品の国内販売元として、複写機を中心に情報機器、ファイリング機器、システム商品、デジタル画像機器、光学機器、コンピュータ機器などの販売事業を展開している専門商社です。私は、弊社扱い製品全般を管理する商品管理部で、コンピュータ関連の他社製品の登録、仕入業務、在庫管理などを行っています。ファイルメーカーProを活用したワークグループシステムを導入する以前は、それまで注文書の発行業務を表計算ソフトで管理していたこともあり、ときどき一部の「データ」が個人のPCに保管されたままとなってしまったことがあり、その注文書が発行されたのかされなかったのか、といった「確認作業」に無駄な時間を費やしてしまいました。その結果、発注実績の取りまとめや、納期管理などが困難となりました。また、業務を円滑に進行するための各種申請書類は、ほとんどが「FAX」でのやり取りだったので、送受信のトラブルが発生したり、同じ内容の申請書が重複したりと、登録者との「内容の確認作業」に時間がかかりました。そこで、商品情報、仕入先情報、納品先情報、納期回答、各種申請書の管理を効率化することにしました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProの良さは、「自分の希望するデータベースをスムーズに作成できる」ということです。取扱商品情報の検索や、見積書のチェック、注文書の作成、キャンセル依頼などの作業を、ファイルメーカーProを使って改善することができました。見積書のチェックでは、ファイルメーカーProに仕入先から来たデータを取り込み、品番に基づいて価格違いなどの差分チェックに活用しています。今まで、紙で行われていた情報交換がファイルメーカーProを使うことでデータ化され、それぞれの集計が「数値化」できるようになりました。また、リスト表示画面の活用で入力作業の二度手間も省くことができました。情報共有が可能になったことで、業務内容が「オープン」になりました。たとえば、ある社員が休んだ場合でも、その仕事の進行内容などを別の社員が確認しやすいので、フォローもしやすいということです。また、商品の問い合わせでは営業担当者が商品名などを入力してもらえることが実現し、もう一度商品名を入力する作業の手間も省けるようになりました。ファイルメーカーProを活用したワークグループシステムで、さまざまな業務効率化を実現することができました。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する