FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

これからの中小企業にとって必要なこと
───それは、仕事に合った手作りのシステム。

日鉄ドラムテクノ株式会社 様

業種:製造業
ユーザ規模:5
ご担当者様:上嶋 正義 様 / 代表取締役 社長
URLhttp://www.ndte.co.jp/

導入前のシステム状況

日鉄ドラムテクノ株式会社は、「充填設備」をはじめ諸設備の設計・製作、既存設備のメンテナンスが主業務であり、「お客様第一」「スピード経営」をモットーに活動しております。
会社の設立に際し、パソコンを利用した営業支援の仕組みの構築を念頭に、段階を追って現在の営業支援の仕組みにまで発展させてきました。少ない営業で、いかに効率よくお客様のニーズを吸い上げ、的確かつ迅速に対応するかが課題でした。当初、いかに情報をうまく共有するかを考えた結果として、パソコンのキーボードに慣れない人間に無理強いするよりも、営業には携帯電話などを利用して、社内のボイスメールに、案件や顧客の要望などを、メッセージとして残させておりました。しかし、これには欠点がありました。それは、記録が残らないということです。そこで、数日で消えてしまうボイスメッセージとは別に、手書きによる営業報告書を作成させるようにしました。しかし、この文字情報を蓄積し、将来の資産とすることを考えると、なんらかの形でデータベース化し、保存する必要があると考えました。
当時、他のデータベースソフトも検討したのですが、初心者には敷居が高く、以前使用していたクラリスワークスと同じ感覚で利用できることから、最終的にファイルメーカーProを採用しました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProは、クラリスワークスを使っていた者にとっては、非常になじみやすいものでした。自分なりにレイアウトを作成し、必要に応じてデータを格納するための項目を追加していけばいいのです。また、営業スタッフにとっても、レポート作成も楽に行えるので、お客様との折衝など本来の業務により一層集中できるようになりました。さらに、営業報告書については、専用のレイアウトで印刷、閲覧することができるようにしました。この情報はすでに1300件を超え、社内の重要な資産となっています。将来的には、Webを利用した仕組みも考えています。
最近、SFA(セールスフォースオートメーション)が盛んに喧伝されています。
ただこれは、何もかもにパソコンを使えば良いということではありません。また、いたずらに情報処理専門会社に委託すれば良いということでもありません。 例えば、前述のような営業情報システム等を、自分の手で作り、それを活用するといったようなことが、中小企業にとってはとりわけ必要ではないでしょうか。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する