FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

人材派遣のための最適スタッフ情報を、迅速に提供。
LANデータベース共有にて。

株式会社アイティット 様

業種:アウトソーシングサービス
ユーザ規模:40
該当部署:技術部 システムサポートグループ
ご担当者様:宮崎 健一 様 / ジュニアマネージャ
URLhttp://www.it-it.co.jp/

導入前のシステム状況

株式会社アイティットは、エンジニアとInformation Technology(情報技術)を組み合わせたソリューションをクライアント企業の皆様に提供している、IT分野を専門としたアウトソーサです。(詳しくは http://www.it-it.co.jp/を参照。)
以前は株式会社パソナソフトとして、人材派遣を主体とした業務展開をしておりました。当時、登録スタッフの情報は紙ベースで管理していたので、業種や地域あるいは資格など、さまざまな条件からクライアントのニーズに合った登録スタッフを選定するには、膨大な紙ファイルの中から該当する人を探すための時間と労力を費やし、紙での処理には限界がありました。
そこで、カード型の扱いやすい設計思想で、データベース初心者はもとよりパソコン自体が初めてという社員にも手軽に扱えるソフトということで、当時の担当者がファイルメーカーProを導入しました。私が当部署に来たときには、既に前任者が作成したデータベースシステムが稼動している状態でした。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

私は、前任者が作成した登録スタッフのファイルを引き継ぎ、登録スタッフへのメール配信に向けてメールアドレス用フィールドの作成、一斉同報メール配信のための要・不要チェックボックスの追加など、その時々の業務変化の要請に応じて手を加えてきました。また、登録スタッフのスキルや資格に関する情報が多岐に亘ってくると、別ファイルにその情報を管理し、それを登録スタッフのファイルとリレーション設定させることにより、1ファイルで登録スタッフ各人の総合情報を一覧できるようにしました。さらに、現在稼動中のスタッフ名や数も把握できるようにしています。
以前は、ファイルメーカーProのファイル共有機能により、LAN上で各ファイルを公開していましたが、最近ではクライアント数やファイル数の増大にともない、ファイルメーカーServer 5を導入しました。これによって、同時接続可能ゲスト数やパフォーマンスが向上し、効率よいデータベース共有が可能になりました。例えば営業が持ってきた各案件の情報や「このようなスタッフがいたら求む」といった求人情報も、タイムラグなしに社内で共有管理できるようにしています。このように最適な人材情報を、登録スタッフにもクライアント企業にも迅速に提供するしくみが稼動しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する