FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

その場に応じて柔軟に対応可能な販売管理システムを、
短期間に構築。

株式会社ライザ・プロダクション 様

業種:デザイン・広告
ユーザ規模:9
ご担当者様:中元 宏一 様
URLhttp://www.liza.co.jp/

導入前のシステム状況

弊社は、新聞や雑誌の広告デザインを主におこなっているデザインプロダクションです。見積書、受注、請求書発行などの販売管理は、SORDマシン上で作成したシステムを15年使い続けてきましたが、昨年末ごろから、マシンの修理部品もなくなり、新しいシステムへの移行を余儀なくされました。
条件としては、今まで使用してきた販売管理処理ができることと、Macintosh とWindows PCの両方で使えることの2つです。デザインプロダクションの販売管理は、時として非常に複雑です。特に最近の経済状況下では、請求が複数に分かれた分割請求や、他の請求の一部分と合わせた合併請求など、その場に応じた対応が必要となります。一般に市販されているシステムではこれらすべてを処理できません。
複数のソフトウェアを候補にあげましたが、条件を満たし、かつ弊社のデザイン部門ですでに数ライセンス購入しているという理由から、ファイルメーカーProで作ることに決め、まず最低限必要な受注と請求書を1週間で作成し、それから約3ヶ月かけて現在のシステムを構築しました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

販売管理システムは、28ファイルで構成されており、新規見積り、受注、納品/請求、入金確認、月別/年度別などの集計作業を行っています。
新規登録の際には、「制作管理番号」「顧客名」「制作物種類」「制作物」「媒体名」を入力していきますが、できるだけ手入力せずにすむよう、それぞれを管理している各ファイルのウインドウを開き、該当項目を選択できるようにしています。もちろん、過去に取り引きのないお客様の場合でも、顧客ファイルに新規顧客登録が可能です。1つの受注に、複数のスタッフが対応しますので、担当者の欄も複数登録できるように工夫しています。
請求書は、合併請求、分割請求、再請求、納品書発行月末請求のように、かなり特殊な受注/請求でもすべて対応していますので、請求書を手書きにしたり、受注伝票から起票する必要はありません。
現在は、このシステムで作業する営業やデザイナーがまだソフトウェアに慣れていないこともあり、誤って削除したり変更したりするのを防ぐために、ランタイムアプリケーションを作成し、専用のマシンとプリンタで作業を行っています。そして、実際に操作するスタッフからの要望にあわせて、日々、修正・更新を続けています。
また、今後、弊社の給与計算は残業の考え方に特徴がありますので、その処理が楽にできるような給与計算ファイルの作成を予定しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する