FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

社員約400人の情報システム部が、
社内プロジェクトの運用管理ツールとして選んだ。

ノーテルネットワークス株式会社 様

業種:通信サービス業
ユーザ規模:150
該当部署:情報システム部デスクトップサポートほか
ご担当者様:百鬼 淳 様 / 情報システム部 デスクトップサポート チームリーダー
URLhttp://www.nortelnetworks.co.jp/

導入前のシステム状況

ノーテルネットワークスはデジタルネットワーク時代の産業リーダーとして、世界中で活動しています。日本国内でも長年、外資系情報通信事業者の草分けとして事業を展開してきました。私がリーダーを務める情報システム部のデスクトップサポート・チームでは、社内ユーザのPCトラブル発生時の対応業務にあたっています。MacからPCへの移行作業を98年の7月に完了し、現在は、一人一台Windows95ベースのPC環 境を提供しています。サポートしている社内ユーザは400人以上を数えます。昨年、MacからPCへ移行するPC Migrationというプロジェクトを進めるにあたり、6名のプロジェクトメンバーが、PCを誰に、何処に、そしてどのIPアドレスで設置するかを時間・ユーザ名・設置場所の軸で、入力・検索・出力のできるシステムを組むことで、MacとPCの入れ替え作業を効率良く運用・管理できました。当初、ユーザ、マシン、IPアドレスなどの情報がExcelファイルで個別に管理されていましたが、これもファイルメーカーProを採用したことで操作性の良いシステムを短時間で組み上げられました。ファイルメーカーPro は、日本 で発売開始された頃から使い込んできていることもあり、自身が必要な情報を管理するツールとして、またスタッフと双方向での情報共有を可能にするために最適と考えたのです。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProを使って、プロジェクトを管理する側と作業する側の双方にとって、入力方法が簡単で、関連性のある異なるデータを一見して意味のある画面で検索・閲覧できるデータベースができました。Visual BASIC等でこうしたシステムを設計することも可能でしたが、その開発には熟練したプログラマーが必要です。プログラマーとのシステム構築作業には、当然時間と経費がかかります。また、こうしたシス テムには変更が余儀なくされるのも現実です。それらの変更に柔軟に対応できること、その場で必要なシステムを迅速に組上げられることも情報を運用・管理する上で重要なポイントでした。膨大な情報を収集/管 理できるデータベースならではのパワーと、プログラマーでなくともシステムを構築できるユーザビリティーがファイルメーカーProには備わっていると思います。振り返ってみても、今回のプロジェクト管理にフ ァイルメーカーProは最適なツールだったと言えます。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する