FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

開発効率の高さ、低コスト、ネットワークでの快適レスポンス、
この3拍子が決め手に。

社団法人 京都府トラック協会 様

業種:運輸・通信・公共サービス
ユーザ規模:12
該当部署:適正化事業部
ご担当者様:木下 省三 様 / 部長

導入前のシステム状況

私共は、都道府県ごとに組織されているトラック運送会社の社団法人です。現在、京都府では、傘下会員数約900社、車両規模約2万台を有しています。主な業務として、傘下運送会社の指導教育、トラックの黒煙排気ガス等の環境問題など、広範囲な公益事業を展開しております。
私が所属する適正化事業部は、主に運送事業の経営者の方とじかに接する部門で、前述の業務が活動の中心です。トラック運送業の経営には、国土交通省による申請許可が必要であり、許可後も事業計画の変更等には色々な手続きを要します。私共では、従来からその一連の手続きを、DOS系のパソコンソフトウェアを利用し一元管理していました。
約4年ほど前に、数万件から10万件規模のファイルをネットワーク上でリンクし活用するための新しいシステムを、検討し始めました。いくつかのソフトウェアを試しましたが、そのほとんどが開発コストや管理コストに多大な時間と費用を要することが判り、最終的に、開発の生産性が高い、低コスト、ネットワーク上でレスポンスが快適であるという3点から、ファイルメーカーProを選びました。最初は、簡易的なシステムで稼働しておりましたが、現在は、ほぼ全般的にファイルメーカーProへの移行が完了しています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

私共の基幹システム上にある運送事業者台帳をもとに、車両管理、申請管理、会費請求など付随する管理業務について、ファイルメーカーServerを使って、データを一元管理していますが、10数台のクライアントで同時アクセスしてもレスポンスに全く支障がなく、快適な環境で活用できています。
また、10年程度前から、会員運送会社向けに「運輸管理プログラム」を内部開発しております。このシステムでは、配車の詳細、走行実績、運賃などを記入すれば、運転者、車両、荷主など毎の集計、請求書の発行、経費管理まで、さまざまな資料を作成できます。また、配車・日報データを、ボタン1つで、手軽にメール送信できるように工夫もしています。100社程の会員運送会社への運輸管理プログラムの配布に関しても、3年程前から、ファイルメーカーPro デベロッパを使って、ランタイムアプリケーションを活用しています。
近い将来、この「運輸管理プログラム」のWeb公開も検討しており、これにより貨物の動態管理である追跡システムも容易になり、「サプライチェーンマネジメント」の物流効率向上に貢献させる計画です。
ファイルメーカーProは、エンドユーザ向けの商品だと思っておりましたが、実際使ってみると、充分に業務に耐え得るツールで、極めてバランスの高いデーターベースだと実感しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する