FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

中古品オークションのシステム運営を、
ワークグループ環境でも、円滑にできました。

株式会社光陽商事 様

業種:サービス業
ユーザ規模:14
該当部署:マーケティング部
ご担当者様:田畑 人 様
URLhttp://www.koyotrading.com/

導入前のシステム状況

私ども光陽商事は、中古品のトレーディング(買い取り)商社を展開しており、カメラや車、腕時計、ブランド品等、さまざまな商品を取り扱っています。業種としては、古物商の範疇に入ります。各種業者や一般消費者から買い取った商品は、弊社独自のオークションを通じて、小売店や消費者にお届けしています。弊社では、この「買い取り」を「トレーディング」と呼んでいます。
現在私は、社内のシステム開発やメンテナンスといったPCネットワーク環境全般の管理と、オークション運営のシステム管理を担当しています。このオークション業務では、当然ながら「いつ、どのような商品を仕入れることができ、オークションに出せるか」の予測がつきません。予測が困難な上に、弊社がトレーディングした商品は、できるだけ迅速に各種情報の入力を済ませ、1アイテムづつオークションに登録する必要があります。さらにオークション形式では、「いつ、どのくらいの価格で、商品が売れるのか」の予測もつかず、売上もその都度、1アイテムづつ処理する必要が発生します。
このような処理を円滑に行えるように、ファイルメーカーProで効率化を図ることにしました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

5年ほど前にファイルメーカーProを知り、当時は、在庫管理、売上管理、仕入管理、顧客管理などに活用していました。しかし、ファイルメーカーPro は、ただ単にデータ管理だけではなく、トレーディングした商品の各種情報画面を作成する上で非常に便利なツールです。インターフェースを直感的に簡単にデザインできるだけでなく、情報を入力するユーザが画面操作になじみやすいことが最大のメリットといえます。大容量の画像データを扱わない等の運営上のノウハウもありますが、検索などの処理速度にも全く問題がありません。
現在の社内システム環境は、サーバーマシンが1台と、クライアントマシンは11台(Windows PCが10台、Macintoshが1台)のワークグループ環境です。
ファイルメーカーProを使ったワークグループ環境でのオークションシステム構築が実現したことにより、複数の人間が各種情報を共有することで、業務の分散処理が可能になり、いろいろな作業時間の短縮や、情報のチェックや修正ができるようになりました。さらに「バーコード」の導入も実現し、各種業務の「流れ」がよりスムーズになりました。システムの稼働後でも、ちょっとしたシステム改善を図るための仕様変更が往々に発生するものですが、ファイルメーカーProはユーザ自らが修正を行うことも可能なので、その点も大きなメリットといえます。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する