FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

インターネット通販システムの運営・管理に、
OSの壁を意識することなく幅広く活用。

N.C.S 様

業種:流通・小売・卸
ユーザ規模:11
該当部署:通販事業部
ご担当者様:小澤 健 様
URLhttp://www.ncs-web.co.jp/

導入前のシステム状況

当社では、PC関連機器のインターネット通販「NCS-Web」を運営しています。 今から7-8年前は、いわゆる通信販売の基本形態である、電話/FAXでの注文対応を行っておりました。 当時から、Mac OS上でスタンドアロン利用をしている状況で、注文データ、商品データ、顧客データを、ファイルメーカーProを使って管理していました。 しかし、Windowsマシン上でExcelを使って経理処理を行う時には、ファイルメーカーProから書き出したデータをフロッピーにコピーして移動させるなど、作業が煩雑でした。 また、当時はネットワークの性能も実用的でなかったので、注文数が増加してきたり、ネットワーク上のOSがMac OSとWindowsの混在した環境になってきた場合、処理対応に限界が生じました。 また、通販形態が、インターネットに移行していく過程において、ますますデータ保存/閲覧/更新の柔軟性が必要となり、既存の管理体制では対応していけなくなりました。
折しも、ファイルメーカーProにWindows版が登場し、低予算で、インターフェースのよいクライアントサーバー型のシステムに移行できることが、検証した結果分かりましたので、本格的に導入していくこととなりました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在、「注文管理」「顧客管理」「商品管理」を中心として、通販業務に必要なさまざまなファイルをファイルメーカーProで構築しております。 システム構成としては、ファイルメーカーPro サーバを入れたファイルサーバー機1台にてファイルを公開し、ファイルメーカーProを入れたクライアント機7~8台からネットワーク(社内LAN)にて共有しています。
これにより、リアルタイムのデータ更新がスムーズになり、かつカスタマイズの容易さにより、社内の誰もが覚えやすいインターフェイスを構築できました。 また、インターフェースや使用方法においてOSによる違いがなかったことや操作性の容易さにより、混在OS(Mac OS/Windows)環境でも、MacintoshかWindowsのいずれかしか使用できなかった人が、ファイルメーカーProを使用すれば、OSを意識せずに双方とも操作できるようになるメリットもありました。
新人スタッフでも、入ってから1~2ケ月もすると個人用のデータベースファイルを作成できているような状況です。
ファイルメーカーProは、サーバー/クライアント型データベースとして、エントリーレベルからパワーユースまで幅広く対応し、しかも低予算ですむので、社内でもフル活用しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する