FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

店鋪ビルの賃貸管理などに活用。
ファイルメーカー Mobileでさらに便利に。

株式会社 アドバンス・シティ・プランニング 様

業種:不動産
ユーザ規模:18
ご担当者様:有馬 昌俊 様 / 代表取締役
URLhttp://www.acp.co.jp

導入前のシステム状況

当社は不動産の有効利用を提案していく企業として、建物の企画/設計、テナントの斡旋、設備・賃貸管理を業務としております。現在、建物の企画/設計では CADを、テナントの斡旋、設備・賃貸管理ではファイルメーカーProを使用して業務を行っています。
以前は、不動産の専用システムを使用していましたが、ソフトウェアの変更・更新ができず、使用しているマシンも古くなり、6年前に新しいシステムの検討を始めました。賃貸管理業務の市販ソフトウェアをいくつか研究しましたが、当社の特色でもある店鋪ビルの賃貸管理にぴったりのソフトウェアがなく、特に電気や水道などのように、2、3年ごとの料金改訂や、夏期単価期間の日数のズレにも対応できるという特殊な条件を満たすためには、自分の手で作成するしかありませんでした。そこで、ファイルメーカーProを使ってシステムを構築することにしました。
それ以来、ずっと使いつづけ、ファイルメーカー Server も導入しています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

メインのシステムは、ファイルメーカー Serverを使って「管理ビル」「オーナー」「テナント」の3つのファイルを中心に、約50ファイルを管理し、各クライアントからファイルメーカーProを使って、メンテナンス業務(年間計画から毎月約90棟のビルへの作業お知らせ、報告業務、メンテナンス関係の支払業務)、空室データの共有化(常時モニターに表示、電話での問い合わせに対応)、仲介契約書作成、更新などの管理業務を行っています。
メインシステムに加え、経理専用のファイルがあり、それぞれの担当ビルごとに経理処理をしています。各テナント(約400社)ごとに、家賃、管理費、電気、水道代などの金額を計算処理して、請求書を作成し、入金確認後、オーナー(90社)への精算業務を行います。経理処理には例外処理が多くありますが、さまざまなオプションを追加したりして対応しています。
さらに、6月よりファイルメーカー Mobileを導入し、電気・水道の検針を始めました。以前はノートにメモをとり、持ち帰って計算していましたが、Palm OSハンドヘルドを使って現場で検針値を入力し、そのデータを事務所に持ち帰りデータを転送するだけで、各テナントの電気量・水道量・ビル全体の共用量をファイルメーカーProが計算して料金を算出します。導入後は、計算作業が不要になり、社員にはとても好評です。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する