FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

プロ向けの業務用家具のデザイン・販売でも、
お客様への素早い対応が可能に。

エーディコア・ディバイズ 様

業種:製造業
ユーザ規模:16
ご担当者様:瀬戸 昇 様 / 専務取締役
URLhttp://www.adcore.co.jp

導入前のシステム状況

当社は、椅子・テーブル・ソファなどの業務用(コントラクト)家具のデザインと販売を行って17年の会社です。主な顧客は、インテリア・デザイナー、建築家、インテリア・コーディネーターといったプロのお客様です。モダンデザインを基調とし、一度世の中に出したデザインの家具は廃番にしないことを会社のポリシーとしています。私の主な業務は、デザイン、広報などの企画開発の仕事ですが、ファイルメーカーPro を使った社内の情報システム開発も自分で行っています。ファイルメーカーProを導入することになった背景には、ある悩みがありました。以前は他社のデータベースを使用して、カタログ配付のための顧客名簿管理や販売管理を行っていました。このシステムは、ある開発会社に開発依頼して運用していたのですが、開発費がかかるものの、サーバーへの同時アクセスの制限などがありました。せっかく多くのパソコンがあるのに、営業部門のスタッフが、リアルタイムの入力作業ができず、名刺の入力作業を順番待ちするといった事態が発生していました。そこで、情報管理の効率化を決意し、使い勝手の良いデータベースを探していた時に、知り合いから「ファイルメーカーProがいい」と紹介され、試してみることにしたのです。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

顧客管理では、以前のようなサーバーへのアクセス制限を解消し、各営業が日々の営業活動で集める名刺その他の大切な営業情報を、本人自らが入力して即データベース活用できるようにしました。見積書では、販売している家具すべてを製品マスタ(仕様、原価、上代)としてサーバーで管理し、各営業が利益率も確認できるので、数字への責任感が向上しました。製品マスタは、仕様変更や新製品にすぐ対応できるよう、クライアント側からも更新可能にしました。展示品は写真入りで管理し、メディアなどからの貸出依頼があった時に、どの製品が貸出可能かすぐわかり重宝しています。また、全社員のスケジュールをサーバーで管理できるようになり、社内の誰が電話を受けても担当者のスケジュールがわかり、お客様への素早い対応が可能になりました。伝言板や、社用車管理、FAX配信など、さまざまな社内の情報共有化も向上しています。現在のシステム環境は、サーバー1台とクライアント15台です。うち3台は、大阪と名古屋から電話回線経由でサーバー接続しています。ファイルメーカーProの魅力は、パソコンの知識がさほどなくても自分でデータベースを作成でき、レイアウトも自由に作れることです。私のような3年前までは触ったことのなかった人間が、テンプレートを参考にしながらもこのようなシステムを組めたのは、ファイルメーカーProのおかげです。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する