FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

社員全員で共有し、
編集、営業、管理などの業務に幅広く活用。

株式会社ケイシイシイ 様

業種:サービス業
ユーザ規模:37
該当部署:デジタル開発部
ご担当者様:広沢 幸一 様 / 部長
URLhttp://www.naganojoho.co.jp

導入前のシステム状況

株式会社ケイシイシイは総合広告、情報出版、デジタルコンテンツ、IT事業を行う会社です。昭和48年の設立以来、長野県において、地域住民の生活を向上させ得る情報を集積分析し、さまざまなメディアを通じて発信することによって、地域社会の活性化に貢献しています。情報発信は、長い間、雑誌や書籍を中心に行っていましたが、時代の流れの中で、Web、E-Mail、iモードなどでの情報提供がますます重要視されるようになってきました。また、出版や編集業務のDTP化が進んでいく中で、これまで長い期間に蓄えられたお店情報、イベント情報などのデータを、紙ベースからデジタルベースヘ変更する必要性が出てきました。そこで、デジタル化された情報を、出版だけでなくWebなどの他メディアに2次利用できるように効率的に管理・運営できるソフトウェアを探していました。たまたま、最初に使用したデータベースソフトウェアがファイルメーカーProであり、システム構築の容易さ、使い勝手の良さ、画像の取り入れも簡単、などの理由からファイルメーカーProを全体業務の中で使用していくことにしました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在では、社員全員がファイルメーカーProを使用し、編集業務、営業業務、社内管理業務などに幅広く活用しています。編集業務では、これまで蓄積してきた膨大な数の地域情報を、すべてファイルメーカーProで管理することにより、過去のデータの検索や更新が容易になり、これにかかる業務時間が削減されるようになりました。また、雑誌等の原稿を、従来はテキストエディターで入力していたのですが、この原稿を直接データベースファイルへ入力し、そこからテキストを出力しDTP作業を行うようにしました。ファイルメーカーProは、さまざまなレイアウトを簡単に作成できるので、編集の入力作業を行いながら、同時にデータベースも作成できるようになりました。一度入力したデータや原稿は、本や雑誌などの出版はもちろん、Web, E-mail, iモードなどを通じた情報提供に役立っています。ファイルメーカー Serverを導入してからは、個々で管理していたファイルを共有できる環境が整い、社員全員が共有ファイルに最新情報を入力、閲覧できるようになり、より効率の良い業務を行えるようになりました。社内の管理業務にもファイルメーカーProを活用しており、業務日報や提出書類などを共有ファイルとして社内全体で使用しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する