FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

メインシステムとして全社的に使用。
社員の業務内容が一目瞭然に、また効率もアップ。

NTTインテリジェント企画開発 株式会社 様

業種:建築・土木
ユーザ規模:150
該当部署:企画部
ご担当者様:武智 達史 様 / 企画部長
URLhttp://www.nttipd.co.jp

導入前のシステム状況

当社は、オフィス空間を演出するプランナーとして、オフィスリロケーション、リニューアルの際の内装や電気通信関連の企画、設計、施工などを行う会社です。お客様から注文が入ると、各担当者が案件管理表を作成し、工程管理と共に、見積書から請求書までの各書類を発行します。ファイルメーカーProの導入前は、これら一連の業務を表計算ソフトウェアを使用して、各担当者がおのおのの案件についてフロッピーディスクにて管理していました。最終的には、各担当者が管理しているフロッピーディスクをまとめて一つのデータベースにすることを目的としていたのですが、担当者ごとに入力や管理の仕方が違っていたりして、全社的な集計が難しい状況でした。業務をより効率的なものにするために、全社的にフォーマットを統一して管理したいという社内の声があり、最初は一部門のみで試験的にファイルメーカーProを使用してみました。結果、自前でのシステム構築が容易であり、これまでファイルメーカーProを一度も使用したことがない社員でも特別な講習なしで使用できるなどの理由から、ファイルメーカーProを全社的に採用することになりました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在では、ファイルメーカーProを社内業務のメインシステムとして使用しています。社内業務用ファイルはファイルメーカー Serverにて管理しており、このファイルにアクセスすると、稼働記録、案件処理、スケジュール、社員名簿、雑業務、諸資料のファイルを一覧できるようになっています。各ファイルにパスワードを設定することによって、一般社員、管理者、システム管理者、職員名簿管理者それぞれにアクセス制限を付けています。一般社員は、引合いが入った時点で案件処理のファイルにアクセスし、案件No. を取得します。以後この案件No. によって、見積書から請求書までの作成を行い、すべての業務が完了すると、売上伝票と支払伝票を作成して経理へ提出するようになっています。案件処理、稼動記録、社員名簿などのファイルにはリレーションを組んであり、各社員が稼働記録に案件No. を入力することで、各案件に対する労働時間が明確になるようにしています。外出する必要のある社員全員が、ノートブック型のコンピュータでファイルメーカーProを使用するようになってからは、外出先や自宅からでも、スケジュールの確認や必要なデータの閲覧を手軽に行えるようになりました。ファイルメーカーProを導入したことにより、全社員の業務内容が一目瞭然となり、管理者がさまざまな切り口から集計を取る際にも大変役立っています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する