FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

患者データの医療への有効利用、
病院システム全体のIT化に相乗効果が現れています。

医療法人社団  カレスサッポロ 北光記念病院 様

業種:医療
ユーザ規模:190
該当部署:放射線科
ご担当者様:馬場 孝司 様 / 診療放射線技師
URLhttp://www.hokko.or.jp

導入前のシステム状況

私達の病院は、循環器疾患・不整脈疾患を専門とし、患者様へ質の高い医療を提供することをめざしています。その一環として、各検査内容をデータベースとして管理・運用し治療に役立てています。以前から他社データべースソフトウェアにて管理していましたが、登録件数の増加に伴いレスポンスの低下やクロスプラットホームに未対応であること、既製品システムのため拡張性や独自カスタマイズに不満を感じるようになりました。これらの問題を解決するため、データベースシステムを探した結果、院内に使用ユーザーが数名いたこともあって、独自カスタマイズと柔軟なシステム開発が可能なファイルメーカーProを導入することになりました。将来的にオーダリングや電子カルテを導入する方針になっていたので、システムを追加構築していく上でも、ファイルメーカーProが妥当ではないかということになりました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在は、クロスプラットフォーム(サーバー2台、クライアント30台)で、職員全員がファイルメーカーProを利用できる環境にあります。心臓カテーテル検査・治療、不整脈検査・治療、ペースメーカー&体内除細動植え込みチェック、検査予約システム(CT, RI, 超音波など)や、学会報告の資料作成など、院内の情報の大部分を管理しています。ファイルメーカーPro導入前と比較して、クロスプラットフォームに対応したことや、独自のカスタマイズが可能になったことにより、情報量が増加し充実しました。システムを実際に使用し始めた後からでも、必要な項目を自由に増やしていける拡張性に満足しています。ファイルメーカーServerを使用したことにより、ファイル共有のレスポンスも上がりました。また、ファイルメーカーPro Unlimitedを使って、院内でファイルのインスタントWeb公開も行っています。以前は書類で管理していたデータや重複検査を予防するための予約システムなどもデータベース化しており、病院システム全体のIT化への移行など、相乗効果が現れてきています。ファイルメーカーProは予想以上の好成績で、今後導入を予定している電子カルテの他、検査予約システムや医療機器とのデータ交換などにも応用できそうです。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する