FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

DFSでは、「買い物クレーム処理」や
航空会社とのキャンペーンに活用しています。

日本DFS株式会社 様

業種:流通・小売・卸
ユーザ規模:30
ご担当者様:角田 克行 様 / コントローラー
URLhttp://www.dfsgalleria.com

導入前のシステム状況

日本DFSは、1979年の設立以来、海外の日本人旅行客に対するマーケティング活動、販売促進業務、購入に関しての帰国後のクレーム受付などを行っています。設立当初は、今ほど旅行者が多くなかったということもあり、購入に関するクレームはそれほど多くなく、顧客管理をすべて紙ベースで行っていました。他の業務に関しても同様で、在庫管理から各種レポートに至るまで紙ベースで行っていました。1980年代に入ると、海外旅行客は毎月うなぎ上りに増えて行き、それに伴い業務も多忙になりました。中でも、クレームに関する業務は、お客さまの情報、購入された国、購入製品、価格の情報、クレーム処理の方法(例えば、同製品取り寄せ、返金、修理など)、クレームの発生した店鋪へのレポートなど、一つのクレームに対する処理作業が多いため、けっこう時間のかかる業務です。そこで、紙ベースでの管理による煩雑さをなくすため、ファイルメーカーProを導入し、一連のクレーム処理を行えるデータベースを作成しました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在、月に約1,000件ほどあるクレームの情報管理や処理作業をファイルメーカーProで行っています。顧客データ、受付日、クレーム内容、製品名、購入日、購入場所、帰国フライト便名、デリバリールート(店鋪渡し、空港出発カウンター渡し)などを最初の入力画面に入力し、クレーム番号をとります。クレームの内容によっては返金を行う場合があり、各国の為替レートを日々データベース化しており、購入された通貨、金額、日付を入力することにより、自動的に円換算して返金額を表示するようにしています。クレームが発生する度にその国の店鋪へ送るレポートとは別に、クレーム件数をまとめた形でのレポートを毎月送っています。ファイルメーカーProを導入してからは、国ごとの検索や、同製品でのクレームが何件あるかといった検索やソートなどを自在に行うことができ、集計に役立っています。この他にも、旅行代理店などのプロファイルの管理や航空会社とタイアップしたキャンペーンにもファイルメーカーProを活用しています。タイアップ・キャンペーンでは、DFSでの購入金額をマイレージ換算のため航空会社にお知らせするデータベースも作成しました。ファイルメーカーProは、カスタマイズが簡単で、汎用性があり、いろいろな用途に使用できます。満足しています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する