FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

就職情報、企業情報、学生情報の提供、
宛名のラベル印刷などに活用しています。

株式会社ワイキューブ 様

業種:サービス業
ユーザ規模:12
該当部署:採用企画室 広報課
ご担当者様:佐藤 洋介 様
URLhttp://www.y-cube.co.jp

導入前のシステム状況

特定の業界では有名な企業でも、就職活動中の学生の間では知名度が低かったりすることがあります。そのため、優秀な人材の獲得が困難な企業がたくさんあります。弊社は、そのような中堅・ベンチャー企業向けに、新卒大学生採用のための各種コンサルティング事業を展開しています。私は採用企画室広報課という部署に所属しており、全国の大学生に対して弊社の就職情報サイトの告知活動や学生向けの就職相談会などの開催・運営を行っています。弊社の就職サイトに登録している学生数は、現在32,000名ほどです。登録数は今も増加していますので、近い将来には50,000名程度に膨らみそうです。就職活動をする学生には、氏名、住所、メールアドレスといった基本情報と共に「どのような業界や業種への就職を希望するか」という情報を登録してもらっています。一方、採用する企業サイドには、その企業が「どのような人材を求めているのか」という情報や、売上、決算などの基本情報を登録してもらいます。実は以前は、このような学生や企業の各種情報を紙ベースで管理しており、さまざまな情報を効率的に一元管理できないので困っていました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在のシステム環境は、サーバーマシンが東京、横浜、大阪に各1台の計3台、クライアントマシンが全拠点で計80台となっています。登録している学生データベース、企業に情報提供するためのデータベース、学生や企業に資料を送付するための宛名ラベル作成業務などにファイルメーカーProを活用しています。これにより、たとえば「ある学生」が「どの企業」の「どの選考段階」まで就職活動が進んでいるのかといった情報を、すばやく確認できるようになりました。紙ベースだった頃と較べると、瞬時に検索できるようになりました。また、毎年1月から4月までの期間は、学生の名前とメールアドレスをデータベースから出力して、1日に100件以上、採用に関する各選考段階の「お知らせメール」を学生に配信するサービスを展開しています。以前は、1件づつメールアドレスを打ち込んで対応していたのですが、メール配信に必要なデータをファイルメーカーProから簡単にCSV形式でデータ出力し活用しています。またラベル印刷は、以前は外注していたのですが、今では社内で簡単に行えるようになりました。「各企業情報を紹介する学生への送付物」や「クライアント企業への報告書等の送付物」などの宛名ラベルは、1ヶ月におよそ3,000件から5,000件ぐらいあるのですが、ラベル出しが簡単になったことで、社内で充分対応できるようになりました。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する