FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

運用スタッフ自身の力で、
データベースの作成やカスタマイズが簡単にできました。

assiston 様

業種:流通・小売・卸
ユーザ規模:6
ご担当者様:大杉 信雄 様 / 代表取締役
URLhttp://www.assiston.co.jp/

導入前のシステム状況

アシストオンは、優れたデザインや機能性をもったアイテムを世界中から取り寄せている販売店です。近年は日本国内のアイテムも増え、Gマーク主催の日本産業デザイン振興会から、日本で唯一「Gマーク・パートナーショップ」の認定を受けました。家庭雑貨や文具、玩具、デジタル周辺機器からバッグ類まで、ジャンルを超えた製品を取り扱っており、そのアイテムは3000点を超えています。これらの作業を行うための基本データベースとして、ファイルメーカーProを導入しています。東京原宿の実店舗だけでなく、インターネット・ショップも運営しており、近年は通販の売り上げが実店舗を上回っています。通信販売でお客様がいつ何をお買い求めになったかといった顧客管理・受注管理から、商品の在庫管理や個々のメーカーへの発注作業まで、広範囲にファイルメーカーProを活用しています。これらはネットワークでデータが連動しており、顧客名や商品名で一元管理されています。各スタッフが出勤時や退勤時に使用するタイムカードもファイルメーカーProで作動しており、勤務管理データと連動しています。まさに社内の業務支援をすべてファイルメーカーProが担っているといっても過言ではありません。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

毎日使用していて感じるファイルメーカーProの良さは、なんといっても、データベースの作成やカスタマイズが簡単だということでしょう。私たちのデータベースは、最初は簡易的なものでしたが、店舗の拡大とともに機能を増やし、いくつかのデータベースと連動するように手直ししました。実際に運用しているスタッフ自身の力で、データベースの作成やカスタマイズができたということは大きいと思います。スタッフにはMacを1人1台与え、それぞれの業務をこなしてもらっています。パソコンのスキルの違いはあっても、必要な時に必要な情報を引き出せるのは、ファイルメーカーProの操作性の良さに負うところが大きいと思います。またアシストオンでは、お客様からの商品注文に関しては、LAN上のデータだけに頼らず、それらの情報を伝票の形にプリントアウトして処理するようにしています。これにより注文状況を質量的に眺めることができ、各スタッフがお客様から承った注文の重さを具体的に知ることができる。いわゆるデジタル的なものにすべてを依存してしまわず、こういったアナログ的な管理をあえて残すことが、むしろデジタル情報をうまく使ってゆくコツなのではないかと思っています。今後は、Webサイトの商品情報をファイルメーカーProで構築した社内サーバーと直結させ、より柔軟にお客様のご要望にお応えしたり、新しい商品開発に役立てたいと考えています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する