FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

名義人情報を、安全に蓄積・管理したり、柔軟に活用でき、
助かっています。

浅野事務所 様

業種:その他
ユーザ規模:12
ご担当者様:浅川 睦 様
URLhttp://www.shunjuen.or.jp

導入前のシステム状況

私どもは、川崎・生田丘陵にある春秋苑の事務運営を行っております。春秋苑は、昭和33年に日本で初めての公園墓地として開苑し、現在では5万人以上の方々をお祀りしています。墓地の数が増えるに伴い、「我が家の場所がわかりません」「○○家の番号を忘れました」といった質問が多くなり、対応が難しくなってきました。数が二千や三千の頃は、紙のカード式で管理できていましたが、五千を超えると手作業も限界となり、独自のシステムを開発しました。しかしそのシステムも、一万に近づく頃から、単に名義人の管理だけでは不十分となり、年忌や清掃など新しい要望に応えられるシステムの開発を決断しました。その基本方針は、以下のとおりです。
・墓地の場所、面積、契約条件など、名義人に関連する情報を、管理できること
・管理業務の能率アップを図れること
・色々な項目で、名義人の情報を検索できること
・パソコンを知らない人でも、無理なく使えること
・複数の事務所で、担当者全員が、ネットワークで情報を共有できること
・システムを簡単に管理・運用できること
このような条件を満たすデータベースを探していたところ、「ファイルメーカーProが最適です」と紹介され、その導入に至りました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProによる「春秋苑システム」を導入してから、かれこれ7年以上経過しています。現在、東京の本部にファイルメーカーServer を置き、生田の本院や別院の管理事務所から、光ネットワークを経由して、本部のデータベースにアクセスし情報を共有しています。
このシステムでは、名義人情報、埋葬者名簿、契約条件、墓地情報、料金情報、施設情報、法要情報などが関連性をもって管理されています。どの画面も、操作が統一され、シンプルな作りになっています。また、ボタン操作にしたので、システムに不慣れな新人でも、だれでも簡単に使えます。名義人の名前や電話番号などを伺っただけで、その場ですぐさま情報を検索でき、電話や窓口での対応がスムーズになりました。さらに、窓付き封筒に合わせた印刷フォーマットを採用したことで、年忌案内や会報の発送が効率化されただけでなく、法要や会食の予約と連動して管理できるようになり、二重予約の防止、事前の準備、清算の能率アップなど、さまざまに現場作業を改善できました。もちろん、過去の履歴も利用して、名義人の皆様に、より適切なご案内をお送りできるようにもなりました。
私どもは、仕事の性質上、長期にわたり情報を管理しなければなりません。そのため、大切な情報を安全に蓄積・管理でき柔軟に活用できるシステムが、不可欠です。その意味で、このシステムには、色々と助かっています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する