FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

公演情報データベースをネットワーク利用し、
業務の効率化をはかっています。

株式会社キョードー東京 様

業種:サービス業
ユーザ規模:51
該当部署:事業1部
ご担当者様:花岡 ちはる 様
URLhttp://www.kyodotokyo.com

導入前のシステム状況

私どもキョードー東京は、コンサート・演劇・ミュージカル・イベントの企画、制作、海外アーティストの招聘活動などをおこなっております。私は、社員全員のPCの運用管理、簡単なPC環境のメンテナンスなどを担当しています。もともと社内には、提出書類のスタイルがいくつかあり、対応に困っていました。たとえば、コンサートなどの担当者が各自で管理していた公演概要、社員各自が複写伝票に記入していた公演にかかわる支出情報などがあるのですが、それらの異なる情報をなんとか一元管理することで、業務の効率化をはかりたかったのです。そこで、このような情報を「各種公演ごと」に管理して、公演情報のデータベース化、各公演で派生する支出・収入の伝票管理などを推進することにしました。いろいろな情報を社員それぞれが簡単に入力でき、一括管理できるようにしたかったことが、ファイルメーカーPro 導入のきっかけだったといえます。ファイルメーカー Server も導入しており、社員は必要な時にそれぞれサーバー上の共有データベースファイルにアクセスし各種管理業務を処理しています。現在のシステムは、サーバーマシン1台、クライアントマシン50台のネットワーク環境となっています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProの 導入以前と現在を比較しますと、伝票などに「情報を記入する」作業と、画面上で「情報を入力する」作業の時間はあまり変わらないかと思いますが、「単純な計算ミス」のようなトラブルが少なくなりました。結果として、業務の効率化がはかれています。また、今後さらに効率化を進めるための検討課題のひとつに、「ファイルメーカーProと経理ソフトの連携」があります。現在は、社員がデータ入力した支出・収入伝票を、経理部門でチェックして、再び経理ソフトに入力するという作業をおこなっています。将来的には、経理部門の作業を軽減させたり、業務の効率化をはかりたいと考えています。一部の勘定科目では、すでに対応を進めており、すべての勘定科目、取引先情報などを網羅できれば、「ファイルメーカーProと経理ソフトの連携」をさらに強化できると期待しています。伝票情報などの細かいデータの管理を表計算ソフトでおこなうとなりますと、やはり管理面での限界を感じます。その点、データベースは細かいデータの情報管理に最適ですし、ファイルメーカーPro は、必要なデータをMicrosoft Excelに落とし込んだり、一覧表に加工できるなど、情報の二次活用も簡単で、いろいろな面で重宝しています。着実に効率化を進められるのがファイルメーカーPro の魅力かもしれません。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する