FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

新受注方式で顧客の多様なニーズに
きめ細かく対応できるようになりました。

ミサワホーム株式会社 様

業種:建築・土木
ユーザ規模:9
該当部署:生産建設部 生産情報グループ 受注チーム
ご担当者様:高垣 裕 様
URLhttp://www.330.co.jp/

導入前のシステム状況

家を建てる方のこだわりはますます多様化しています。「流し台はA社の製品にしたい...」「バスユニットはB社の○○シリーズでないと...」
その結果、ミサワホームのパッケージ品以外は、お客様と設計・建築等の話を進める各地のディーラーが、各住宅部材メーカーから直接取り寄せることが必要となりました。しかし、これには、次のような問題点がありました。
・ディーラーは、数十万点にもおよぶ部材を各メーカーのカタログから探し、各メーカーに個別に見積依頼したり発注する必要があり、書類の作成・保管、代金の正確な収受が大変な作業となった
・注文した部材はそれぞれ各メーカーから発送されるため、建築現場での荷受けが大変であり、運搬費も余計にかかるなど、余分な労力やコストが発生した
・ディーラーが社外品を調達する割合が増えるほど、ミサワホームの売上が影響を受ける
そこで、商社のように、ミサワホームがディーラーと住宅部材メーカーの仲介役として機能することを目指し、ディーラー・メーカー間の受発注や部材搬送処理を軽減する仕組みを提供し、そこから収益を上げる構想を立てました。そのデータ処理の中核として選択したのがFileMaker Proでした。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

まず、各住宅部材メーカーに製品データを提供してもらい、ミサワホームで一つのデータベースにまとめました。次に、注文書の作成機能をもたせて「部材発注システム」とし、これをディーラーとメーカーの双方にCDで無償配布し、受発注に使えるようにしました。このシステムでは、ディーラーとメーカー間で必要な注文書の作成やミサワホームで一括処理するために必要なデータの書出しを、簡単なボタン操作で可能にしています。導入した結果、次のような効果がありました。
<ディーラー>
・メーカーからの請求を一元化できたので、事務作業が簡潔になった
・ばらばらに発送されていた部材が、ミサワホームの物流網を通じて一括配送可能となり、納品管理が楽になった
<部材メーカー>
・ミサワホームからの新しい一括受注方式が可能となったため、効率的な営業活動が可能になった
・見積・請求書の作成が楽になり、代金回収も正確かつ計画的にできるようになった
<ミサワホーム>
・お客様ご要望の新製品情報を、メーカーから入手し定期的にディ-ラーに提供できるようになり、きめ細かな顧客対応が可能になった
・商社的な機能をもつことで、安定的な収益源を確保できるようになった
現在、毎日の受発注業務は派遣スタッフが半日仕事で完了しており、今後ともミサワホームの大切な情報システムの一つとして育てていくつもりです。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する