FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

主に「図書管理システム」
「企業・商品情報管理システム」として活用しています。

株式会社リビング・デザインセンター 様

業種:その他
ユーザ規模:80
該当部署:OZONE情報バンク
ご担当者様:河村 初穂 様
URLhttp://www.ozone.co.jp

導入前のシステム状況

リビング・デザインセンターは、"インテリア・デザイン・住まい"の総合情報センター「リビングデザインセンターOZONE」を運営しています。ショールームやイベント会場などから成る複合施設で、特にOZONE情報バンクは、快適な住まいづくりのための情報拠点となっています。家を建てる、リフォームする、インテリアを変えたいなど、住まいに関心のある方なら誰でも自由に利用できる施設です。また、住まいのプロが個別の相談にアドバイスをしたり、建築・インテリア・デザインの書籍や住関連企業のカタログなども収蔵しています。これらの大量の資料を管理するため、オープン当初はオリジナルの管理システムを外部に委託しましたが、利用者の実際のニーズが明確に把握できず、暗中模索のシステム開発となりました。作り込んだシステムだったため変更が容易でなく、変更するにはその都度かなりの費用がかかるという問題がありました。そのため、社内で変更可能なシステムに替えたいという要望が出てきました。FileMaker Proならいつでもそれが可能なので、FileMaker Proを導入する運びとなりました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在は、主にOZONE情報バンクの「図書管理システム」「企業・商品情報管理システム」として利用しています。図書管理システムは、約16,000冊の所蔵図書を管理し、発注から棚卸時のバーコード照合までの一連の作業が可能です。また来場者用に、探したい図書を書名・著者名・キーワード・分類などの項目で簡単に検索できるシステムを用意しています。企業・商品情報管理システムは、住関連企業約900社のカタログ、商品情報、健康に配慮した商品の資料などをデジタル化し、企業ごと商品ごとの情報を検索できるようになっています。これらのシステムの利点は、スタッフや来場者に使いやすく、メンテナンスが容易であるだけでなく、情報をいつでも社内で更新でき、利用者のニーズに合わせて改良できる点です。たとえば、画面上のボタンを数回クリックするだけで、利用者が目的の図書やカタログをすばやく探し出せるようになっています。また、新しい図書やカタログなどがOZONE情報バンクに到着するたびに、スタッフがその情報を入力したり更新しているので、常に新しい情報を利用者に提供できるようになっています。さらに、リビングデザインクラブ会員向けのサービスとして、Webでも同じ情報を閲覧できるようにしています。柔軟かつ低コストのシステム運用という所期の目的は、十分達成できています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する