FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

青色申告に対応した「複式簿記システム」の粋まで
精度を高めることに成功しました。

シェーン 様

業種:建築・土木
ユーザ規模:4
ご担当者様:矢田 幸恵 様

導入前のシステム状況

私たちは、住宅建築のクリーニングとリフォームを手がけています。開業した時からFileMaker Proを愛用し続け、今年で11年目を迎えました。FileMaker Proと出合ったのは、私がある建築会社に開業挨拶にいったときのことでした。以前勤めていた会社では、社内業務(顧客管理、原価管理など)をオフコンで処理していました。ただ、オフコンが大がかりなシステムであるためにいくつか問題点がありました。使い勝手を変えたくても、自分たちの手で改善できず、我慢して使うしかなかったのです。たとえば、システムのデータをグラフ化する場合に、決まった種類やパターンのグラフすらなく、手作業で分類、作成をしていました。その会社ではそうこうするうちに、FileMaker Proに出会ったそうです。同じような社内業務を(顧客管理、見積・請求書作成、仕入れ管理などにまで発展させ)楽にこなしているのを目のあたりにし、「これだ」と思ったのです。パソコンやソフトウェアにさほど詳しくない"素人"でも、身の回りのデータを自分で管理できているようだし、使いこなせそうな雰囲気もある。その後、住宅建築の現場監督や施工管理を経験し、独立して事業を起ち上げたその時、迷わずFileMaker Proを導入することにしました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

開業と同時に FileMaker Pro を導入し、次のようなさまざまな業務をこなしています。
・得意先台帳による顧客管理
・受注工事台帳による工程管理
・見積書および請求書の発行
・パート社員の人事管理
・仕入れや下請け会社への支払管理
・複式簿記による一般経理
事業主である私自身がファイルの作成やメンテナンスをおこない、必要に応じて改善できるのが大きな魅力です。日々の作業に追われながらも、備忘録に近い形でデータを残していくことが可能です。データが蓄積されるにつれ、市販の経理ソフトのように経理処理もできないかと次のステップに向けて日々研鑽を重ねました。たまたま息子が商業高校に通っていたので、簿記を教えてもらいながら、ファイルを作成していきました。関数やスクリプトを研究し、日々の業務にてデータ入力を正確におこなえさえすれば、納税額が自動的に正しく計算されるようにしました。また、税務署で配布されている申告書そっくりの印刷用レイアウトも作り、計算結果をそのまま印刷して申告できるようにもしました。さらに、税務申告時に必要な財務諸表の類も出せるようにしました。このようにさまざまな改善をはかった結果、青色申告にばっちり対応した「複式簿記システム」の粋まで精度を高めることに成功しました。
開発者向けのFileMaker Developerも併用しながら、FileMakerをさらに使いこなせるのを楽しみにしているところです。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する