FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

ファイルメーカーProの導入で業務が一変!
時間短縮と数字の管理に特に効果を発揮。

有限会社 芹ヶ野建設 様

業種:建築・土木
ユーザ規模:1
該当部署:開発部
ご担当者様:松本 貢 様

導入前のシステム状況

私たちは、建設現場ごとに原価管理をしようとしていました。従来は、事務員が納品書や日報をもとにした仕入れ元帳を手作業で集計していました。記入漏れの際にはまた最初から計算し直さなければなりません。時間もかかるし、一苦労でした。ましてや、現場に出ている多忙な監督員にとって、事務所にいるわずかな時間で自分の工事現場のコスト管理を正確に把握できるはずがありません。
また、役所などへの提出書類はワープロソフトでその都度作成していました。こちらもたいへんな手間でした。工事数が多くあり、工期も迫っていて忙しいときなど、発注先の契約担当者の名前や工事名を間違えたりすることがあり、そうなればそれもまた、やり直し。ワープロソフトのファイルですと、どのファイルに納めているか開いてみないとわからないので、工事に必要な書類を一貫して管理できず、スピーディに取り出すということができませんでした。
これからはパソコンの時代。何かいい方法はないものかと思案していたところ、ファイルメーカーProによってデータベースが簡単に作成できるとを聞きつけ、購入することになりました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

ファイルメーカーProの導入により、工事精算書をいつでも瞬時に取り出すことができるうよになりしまた。もちろんその裏づけとなる仕入一覧表や作業員出勤一覧表も日報を集計させてすぐに取り出せるようになりました。
工夫をした点は、製品名や仕入れ元などを記載する建設工事の日報を、マウスによるボタン操作だけで簡単にできるようにしたことです。これにより、事務員にとっては事務処理の大幅な時間短縮が可能になりました。工事監督員は正確な日報記入の習慣がつき、日々の原価管理によるコスト意識を持つようになりました。それに加えて「パソコンは難しい」という社員の先入観を取り除き、自信をもたせることができました。
私たちはファイルメーカーProは「パソコン」と「日々のデータ」を本当の意味で役立つ生き物に変えてしまうソフトだと評価しています。これからも徹底的に使いこなして末永く愛用していこうと考えています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する