FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

構造計算を可能にしただけでなく、
ビジュアルな表現までできて、技術者も納得。

有限会社 ミノル設計一級建築士事務所 様

業種:建築構造設計
ユーザ規模:3
ご担当者様:村山 実 様 / 所長
URLhttp://www.proto.co.jp/misek/

導入前のシステム状況

建築の構造設計というと、一般の人たちには聞きなれない職種と思いますが、耐震設計など都市の安全を担う重要な仕事です。難しい計算を大型コンピュータを駆使して行うこともあり、「どうせ一般 の方には判らないだろう」という常識が今でも多く通用してしまいます。しかし、構造計算の全てが大型コンピュータでなければ計算できないわけではありません。部分的な計算などは、十数年前でもパソコンレベルで十分行えました。
当時の技術計算におけるパソコン事情は、ベーシック言語が主流でしたので、ビジュアルな表現がほとんど不可能でした。プログラム作成が難しく、一般 では高価な製品プログラムを購入し利用することが多い状況でした。しかも建築物の安全性をクライアントに簡単に表現できるものがなく、この業界は現在でも表現力に富むソフトは皆無といって良い状態が続いています。それは、構造設計に携わる人口が少なく、プログラム販売のメリットが低いため、先進的なプログラムメーカーが出現しにくい状況だからではないでしょうか。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

しばらくベーシックを使って、比較的簡単なプログラムを自作していました。その後、ファイルメーカーProを使い始めましたが、住所録をつくれればいいと、それ以上は期待していませんでした。計算機能とオブジェクトフィールド、作図機能を発見したのをきっかけに、簡単な構造計算を作りはじめたらデーターベース機能とあいまってベーシックで作成したプログラムを移植できることを確信しました。オブジェクトフィールドを使い構造物の安全度をビジュアルに表現でき、専門知識のないクライアントに難しい構造計算を理解してもらえるようにできたと考えます。現在はファイルメーカーProを使った50種類以上の計算プログラムが完成し大変重宝しています。多機能なプログラム言語も良いのですが、簡単にビジュアルに表現できるファイルメーカーProは、技術者にとって簡単で便利なアプリケーションであると考えています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する