FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

学校労務のあらゆる面をデジタル化。
Server Advancedの外部接続オプション活用に可能性が広がる。

立教小学校 様

業種:教育・研究機関
ユーザ規模:73
該当部署:情報処理室
ご担当者様:石井 輝義 様 / 情報処理室長
URLhttp://www.rikkyo.ac.jp

導入前のシステム状況

当校は、1948年設立のキリスト教の学校です。私は情報科の教員として、全学年の「情報」の授業を担当し、校内の情報機器管理・運営に携わる情報処理室長も務めております。学校の情報化には、データベースが不可欠と考え、2000年4月からFileMaker Proの導入を開始。当初の目的は、児童の情報、教学面の情報、成績などの情報を蓄積し、円滑に管理するための「児童カルテ」を作成することでした。当校では学期ごとに個人面談が行われ、専科教員にはその際に、面談資料の提出が義務づけられています。この専科面談資料は、成績表や指導要録などの保存資料と同様の価値を持つもので、これを通知表・指導要録に反映できるようにすることが最善の方法だと考え、FileMaker Proで各情報を連携できる体制を整えました。専科面談資料は、2005年度からFileMaker Pro Advancedによるランタイムアプリケーションで作り、入力システムも作成しました。入力作業をボタン化し、教員の労力と入力ミスの軽減に役立ちました。また2004年度からは、指導要録をExcelデータからFileMaker Proにインポートして作成・管理すると同時に、紙媒体に印刷して保存資料としたほか、児童に手渡す通知表もFileMaker Proで発行できるようになりました。2008年度からはさらにシステムを発展させるべく、通知表・指導要録、専科面談資料の連携強化を進めています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在、FileMaker Server Advancedを導入し、Mac Server とWindowsノートPCの2台をサーバーとして、成績管理や入学試験集計のデータベースをネットワーク共有しています。クライアントは3台がMac、残りの50台以上がWindows PCです。全教職員のPCにFileMaker Proが全面導入されたことで、通知表・指導要録システムをはじめ、以前はランタイムアプリケーションのためネットワーク共有ができなかった専科面談資料入力システムも、リアルタイムな情報共有ができます。ネットワーク上での情報共有によりデータの相互活用や再利用が可能になったという効果は大きく、教員間の事前打ち合わせが軽減され、手書き処理もほとんどなくなりました。今後はさらに、日々の児童の様子を入力する日報のような活用のほか、セキュリティ上の問題が解決すれば、校内だけでなくWeb上でも、保護者の方へ情報公開したり、授業で作成した児童の作品を公開したりすることを検討しています。FileMaker Proは、さまざまな学校の労務をデジタル化してくれます。今後は、ODBC/JDBCデータソースが活用できるFileMaker Server Advancedの利点を活かし、他のデータベースとの連携も計画しています。FileMaker Proを使うと、さまざまな情報活用の可能性がイメージできます。クラスや学年単位で何らかの集計を行うときは表計算ソフトに利点もあるのですが、その集計したデータが、個々の児童にどう関連するのかを分析する時は、データベースソフトのほうが利便性が高いと思います。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する