FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

用語辞典の原稿作成・管理から、
デザイナーへの入稿までをこなす万能ツールが大活躍。

株式会社アスキー 様

業種:出版
ユーザ規模:5
該当部署:マックパワー書籍編集部
ご担当者様:佐藤 美保子 様
URLhttp://www.ascii.co.jp/pb/macbooks/

導入前のシステム状況

当編集部では1996年より毎年、『マッキントッシュ用語事典』というマックユーザーのための事典を発行しています。
本をつくるとき、それが16ページの冊子であろうと、1000ページにも達しようかという大部であろうと、基本的なやり方は同じです。文字情報をまとめた「テキストデータ」と、絵や写 真を納めた「画像データ」の2種類のデータをデザイナーに渡し、それをQuarkXPress(クォーク・エクスプレス)などのレイアウトソフトでまとめてもらいます。
用語事典も最初は、他のマニュアル本などと同じ要領で、ワープロソフトで文章を書き、それを手作業であいうえお順に並べ替え、入稿用のテキストデータにしていました。しかし、収録語数の増加にともない、始めはひとりの執筆者に原稿をお願いしていたのを複数の筆者に原稿を発注するようになり、また、分野別 にマークを付けたり、インデックスを作りたいなどと、いろいろやりたいことも増えてきて、ワープロソフトだけでは原稿の管理が難しくなってきました。また、制作会社にとっても手作業で「見出し」「ふりがな」「参照ページ」などを指定するのはかなり煩雑な作業です。
そこで、かねてより住所管理などで使用していたファイルメーカーPro を活用することにしました。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

毎年毎年試行錯誤しながら、事典原稿のデータベースを育ててきました。この2年ほどでようやくデータベースの形が固まったかなという気がします。事典の原稿は、以下のようなことをポイントととしてファイルメーカーPro で管理しています。
(1) およそ3,000語に達しようかという項目を、編集ルールに従って例外なくソートできるようにすること。そのために「よみがな」の入力には厳格なルールを設けました。よみがなの入力だけは筆者ではなく編集者が行ないます。
(2) 筆者別に検索できるようにしたため、原稿の発注や原稿料の算定が楽になりました。筆者の方々には環境によりファイルメーカーPro のファイルで原稿をお願いすることもあれば、テキストファイルでお願いすることもありますが、一定の形式で書かれた原稿をファイルメーカーPro に読み込むこと自体はそれほど困難な作業ではありません。
(3) ファイルメーカーPro のファイルをそのまま制作会社に渡し、QuarkXPressでの作業に入る前の下処理からお願いしています。事典では、見出し、よみがな、参照項目などにより、さまざまな書体や字体、マーク類を使用しますが、ファイルメーカーPro で入稿することにより作業効率があがり、手作業に比べ格段にスピードと正確さが増しました。
(4) 事典という本の性格上、発売まぎわの追加訂正が多くあります。制作会社との連係を深め、レイアウトソフト上での訂正もデータベースに追加してもらい、次年度以降の作業の効率化を図っています。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する