FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

話題のeビジネスを、
既存システムとファイルメーカーProとの組み合わせで実現。

有限会社キットカット 様

業種:流通・小売・卸
ユーザ規模:10
ご担当者様:横江 誠二 様 / 代表取締役社長
URLhttp://www.kitcut.co.jp/

導入前のシステム状況

私どもは滋賀県でMacintosh関連商品の販売を営む小売店です。従来、いわゆる通信販売で日本全国のお客様へ商品を販売しておりました。
数年前にホームページを立ち上げ、Webからも商品の受注ができるようにしましたが、初めは単に、ホームページ上で商品のリストを表示させ、お客様がリストから商品を選んでお申し込みいただくと、社内では受注内容を一度テキストファイルとして扱い、メールによる受け渡し処理をしてきました。この方法ですと、Webでの受注業務のデータと、社内で稼動している販売管理、在庫管理のファイルメーカーProのシステムとの間を、手作業でやりとりする必要がありました。そこで、ファイルメーカーProで直接受注処理ができるような仕組みを考えて立ち上げることにしたわけです。当初は、1台のMacにファイルメーカーProをインストールして現在のショッピングカートの原型となるシステムを立ち上げました。その後、処理件数の増加にあわせ、今ではLAN上でファイルメーカー Serverのデータベースを共有して、3台のMacでショッピングカートのシステムが稼働しています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

現在では、販売管理、在庫管理のデータベースと連携するように構築されておりますので、当初のような手作業から開放されました。また、システム構成については、私どもはMacintoshの販売店ですので、まさかPCとかを使うわけにもいきませんし、実際に3台のWebサーバーはPowerBookやiBookの上でそのまま稼働しています。本来iMacを使用すれば低コストで構築できますが、残念ながらオフィススペースの制限や、無停電電源機能も使えるというメリットありますので、現在はノート型を使用しています。ファイルメーカーProは、今まで使用していたので使い慣れていることもありますが、CGIなどで同じようなシステムを構築することを考えると、既存のシステムと組み合わせて使え、はるかに楽にショッピングカートシステムを作れるだろうと思ったからです。実際に構築してみると、苦労もなくはないのですが、意外と簡単にeビジネスとかいうものを実現できたと思います。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する