FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

書類作成が柔軟で、
使いやすいデータベースだからこそできる書類管理術 。

東急建設株式会社 様

業種:建築・土木
ユーザ規模:400
該当部署:営業本部 第五営業部
ご担当者様:下村 淳二 様 / 課長代理
URLhttp://www.const.tokyu.com/

導入前のシステム状況

建設業は、現場に複数の企業が一時期結集して、工事を進めていくというその独特の業務形態から、建設事業計画の稟議書や各種申請から施工プランの企画書など、数多くの書類を作成し、資料として蓄積、閲覧、共有します。以前は、ワープロソフトやドローソフトでの“清書”や表計算処理だけのためにコンピュータを導入し、紙の書類でファイリングしていました。それではただ蓄積するだけで、過去の記録を閲覧しようにも、記憶と経験に頼って探すなど、こうした利用方法に疑問を感じていました。そこで、各種書類は統一フォームにすることが可能だったため、紙から一気に検索能力の高いデータベースにしようと考えたのです。 ファイルメーカーProを選んだのは、専門的な知識がなくても自分たちでデータベース構築がはじめら れ、日常業務を進めながらできる手軽さでした。他社のデータベースでは 作成や操作が難しく、また日常業務をしながら触れていく時間的余裕がなかった私たちにとって、ファイルメーカーProは非常にスタートしやすい環境でした。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

様々な書類だけでなく、膨大な会議の報告書もファイルメーカーProで一括管理することに よって、一つのファイル内で関連する過去の記録を即座に検索できるようになりました。作 成したデータベースは、ファイルメーカーProサーバによりネットワーク共有し、検索条件を入れるだけで、誰もが必要な情報を簡単に入 手できるようにしました。従来のワープロと紙の管理では、会議ごとのファイルが何百と存在し、データを 探そうにも内容をファイル名で判別するしかなく、結局紙を探すくらい時間を取られました。また、相手 先ごとの帳票 も、一旦データを入力すればレイアウトを切り替えるだけで自動的に各会社仕様の報告書になり、効率的です。これもワープロソフトなら、いちいち各会社用に報告書を“清書”するだけのために気が 遠くなる作業を強いられたわけです。データベースならではの効率的な書類管理術も、やはりファイルメーカーProの使い勝手があっての話です。データベースというだけで抵抗があった初心者も、今では書類を 後々まで再利用できる便利さを実感し、誰もが積極的にフル活用するようになりました。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する