FileMaker ユーザ導入事例

印刷する

専用ソフト、役立つ機能は数%。
でも、自分で作れば100% 自分専用。

加納耳鼻咽喉科医院 様

業種:医療
ユーザ規模:2
ご担当者様:加納 滋 様 / 院長

導入前のシステム状況

初期の英語版、そして日本語版はファイルメーカーIIの時代から10年以上使っております。本格的に使用し始めたのは、リレーショナル機能が追加されたファイルメーカーPro 3.0 からです。昨年までは勤務医として、病棟での入院患者さんの情報管理や学会発表内容の管理などに使用していました。そして、'99年秋の開業からは、外来患者さんの記録・管理、そしてレセプト(診療報酬請求)までをファイルメーカーProで作成し、稼働しています。
レセプトについては、専用のソフトも検討いたしました。専用といってもさまざまな医療に使えるように作られていますので、耳鼻咽喉科で必要な部分となると、数%程度です。そうなると手慣れたファイルメーカーProで作った方が、効率的で便利ではないかと考え、作成しました。
現在、診療には受付と診療室のマシン2台をネットワーク接続して、約10ファイルを共有しています。また患者さんへの種々の情報提供などに別に2台利用しています。
耳鼻咽喉科の外来患者数の多さや診察をして処置を行うといった仕事の流れを考えると、患者さんと話しながらキーボード入力することは、実際には時間的な制約から無理があり、何と言っても良好な患者-医師関係を構築する妨げとなります。また、患者さんに関わる情報は、紹介状をはじめ様々な紙の書類で受け取ることが多いため、それらに紙のカルテをそえた方が、診察もスムーズです。そこで、診察中は基本的にボタン操作のみ行い、診察内容は紙のカルテに記入して診療後に詳細を入力しています。

FileMaker Pro / ファミリの現在の主な利用方法

  • スタンドアロンデータベース
  • クロスプラットフォーム利用
  • ワークグループ(メディア介在)
  • ワークグループ(ネットワーキング)
  • ワークグループ(ODBC 利用)
  • ワークグループ(ODBC 利用 / 基幹 DB 連携)
  • ワークグループ(FileMaker Server 介在)
  • イントラネット(Web パブリッシング)
  • カスタマイズ(スクリプティング)
  • カスタマイズ(バインダ利用)
  • カスタマイズ(プラグイン / ルーチン関数)

導入後の主な変化

使用している主な内容は以下の通りです。自分で作ったため、当然、自分の希望を色濃く反映できました。
1) 受付
患者さんの個人情報など、ID番号をキーにして管理。通常のカルテに記載する内容は全て含まれています。そして、家族単位でのケアができるように、家族の関連づけも工夫をしています。
2) 診察
処置などは、初回は決まった項目を選択します。2回目からは、過去の処置内容を任意に選べるようになっています。投薬も薬品名のみを選ぶだけで、自動的に量・日数が決定され、処置同様に過去の投薬セットを任意に選べます。患者さんごとのセット内容が自動的に生成されるため、すばやく患者さんにあった投薬ができます。特に乳幼児に便利です。もちろん、処方箋(当院では院外処方箋)は、投薬の内容が決まれば、ボタンひとつで、A5用紙に印刷され、患者さん・院外薬局ともにわかりやすくなっています。
レントゲン写真をスキャンした画像ファイルや、デジタルカメラで撮影した静止画像をそれぞれファイルメーカーProで作成した専用のデータベースに取り込み、メインファイルから参照できるようにしています。
診察中に過去の受診状況・症状の変化・薬歴が瞬時に見られるため、長期間の経過を分析しながらの診療がより行いやすくなっています。
3 ) 日報・月報など
その日の受診状況などを含めたレポートも、ボタンひとつで見られるようになっており、現在までの動向も視覚的にわかるようになっています。
4) レセプト(診療報酬請求)
毎月 1 回、メインのファイルから必要なデータのみを取り込み、レセプトを作成しています。短時間で処理が終わり、訂正・コメント追加などもファイル上で全て行うことができます。

FileMaker Pro / ファミリ利用における一番のメリット

  • 使いやすさ / インターフェース
  • 簡単にカスタマイズできる点
  • 社員教育の容易さ
  • スクリプトの柔軟性
  • ファミリ製品との組み合わせ
  • クロスプラットフォーム
  • 大容量のファイル管理
  • 拡張性の高いネットワーキング
  • Web 公開 / イントラネット対応
  • ODBC 対応
  • ランタイム対応(バインダ)
  • プラグイン開発など開発環境
  • 価格(リーズナブルであること)
  • その他

FileMaker Pro / ファミリ利用による効果

  • 既存の機材利用によるコスト低減
  • ファイル共有による情報統合
  • 操作 / 作業の効率化 / 時間削減
  • リアルタイムな意志決定の効率化
  • その他

5ライセンスから購入
できる割引プログラム
ボリュームライセンス

FileMaker 法人営業窓口
電話 0120-983-878

バンドル購入する