ユーザーインタビュー

松下電工のNネットが、販社の戦略的情報活用をバックアップ

グループウェア、人事管理システムなどを FileMaker Pro で作成

営業から内勤までトータルに支援するNネット

松下電工株式会社は、生活に密着したさまざまな機器から、住宅、ビル、施設や地域・街づくりに至るまで、暮らしに役立つ製品やサービスをトータルシステムで提案しています。照明、情報機器、電器、住建、電子材料、制御機器など、事業領域は幅広く、同社が擁する商品群は、ひとつの企業体としては世界でも類を見ないほどです。

その中のひとつ、住建グループは、キッチン、バス、トイレ、内装建材、外装など、住まいに関するさまざまな商品を提案しています。“住まいのことなら、ナショナルに!”をスローガンに、多様化するお客様のご要望にお応えしている住建グループを支えているのが、全国に広がる専売の販社です。そして、販社の活動をトータルにバックアップしているのが、住建販社共有ネット「Nネット」です。いまや販社には必要不可欠となったNネットですが、ここまで浸透できた背景には、FileMaker Pro が大きな役割を果たしたといいます。この点について、松下電工株式会社 住建マーケティング本部 住建商品営業企画部・販社統括グループ主事 近藤武憲氏にお話を伺いました。

松下電工株式会社 住建マーケティング本部 住建商品営業企画部・専売販社統括グループ主事 近藤武憲氏

「2001年3月にオープンしたNネットは、当初、活動事例などを紹介する情報発信が中心でした。しかし、販社どうしの情報共有・交換や松下電工からの情報発信だけでなく、販社のポータルサイトとして日常業務もおこなえる機能を持たせ、営業の提案力・プレゼン力強化と、内勤の業務削減も可能な総合サイトを構築することが目標でした」と近藤氏はNネットの最終的な狙いを語ります。

情報発信型から、情報活用・創造型へ。住建グループのNネットは、機能が増えるにつれて徐々に利用者が増えていきました。いまでは、販社のほぼ全社員約数千名が、毎日Nネットにログインして利用するほどになっています。
「ここまで浸透した理由として、みんなで作り上げたことが挙げられます。Nネットを成功させるために、各販社のIT推進者連絡会を年間2回開催し、販社が欲しいものをどんどん聞いて、Nネットに反映させていったのです。それがうまくいったのは、ひとつには FileMaker Pro を使ったことにありました」と近藤氏。

簡単に開発できる FileMaker Pro で、みんなを巻き込んでシステム構築

Nネットは、大きくわけて3つの部分から成り立っています。ひとつは、トップページ上部に配置されている情報共有・交換の部分で、全国の販社の活動事例などが紹介されています。次いで、右側の商品情報を提供する事業部ニュースと左側のリンク集。そして、左肩にあるグループウェアや勤怠管理などの住建販社エクストラネットの部分(各社が使えるシステム)です。FileMaker Pro は、活動事例の検索、アンケート、グループウェア、勤怠管理、目標管理など、Nネット全体の約7割で使用されています。

近藤氏は、「Nネットは、簡単なプロトタイプを作り、それを販社に見せながら仕上げていくのがいいと思っていました。なぜなら、現場の人たちを巻き込むことができるからです。Nネットの目的は、販社の経営を支えることです。だから、みんなが当事者になることで、利用者の意識が向上すると考えたのです。そのために、とにかく思いたった時に迅速に開発を進めたい。通常のシステム開発では、こうした手法はまず採れないのですが、それを可能にしてくれたのが、FileMaker Pro だったのです」と語ります。

FileMaker Pro は、まず、二者択一のアンケートや、商品に関するe-ラーニングの構築に利用されました。e-ラーニングは、成績・回答率・参加率などを集計して販社別ランキングをリアルで表示することで、営業のみならず、スタッフの社員も参加するほどの人気となり、社員全員の商品知識の向上につながりました。こうしたことも、開発側が、IT推進者と相談しながらいくども改良を加えて、より良いモノにしていった結果といえましょう。

アンケートシステムやe-ラーニングで使われた FileMaker Pro は、その後、販社の業務の窓口となるITツールの構築にも使用されています。次ページでは、その詳細をご紹介します。

次ページ:グループウェアはスクラップ・アンド・ビルドを繰り返し、全社に拡大 

プロフィール

松下電工株式会社

1918年、松下幸之助が設立創業。照明、情報機器、電器、住建、電子材料、制御機器の6つの基幹事業を展開している。家庭内の機器をはじめ、住宅、ビル、公共施設、商業施設など、同社の事業が関わる市場は、広範囲に及んでいる。

松下電工株式会社のホームページ
http://www.mew.co.jp/

システム構成

  • Web Server
    • OS:Windows 2000 Server SP4
    • CPU:Intel Xeon 3.2GHz × 2
      (デュアルCPU)
    • RAM:4GB
    • HDD:73GB(RAID 5)
    • IIS 5.0
    • FileMaker Server 8 Advanced
      1ライセンス(Web公開エンジン、Web公開コアも含む)
  • データメンテナンス用
    • OS:WindowsXP Professional
    • FileMaker Pro 8 Advanced
      1ライセンス

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る