ユーザーインタビュー

松下電工のNネットが、販社の戦略的情報活用をバックアップ

グループウェア、人事管理システムなどを FileMaker Pro で作成

スクラップ・アンド・ビルドでシステムを開発し、全社に拡大

松下電工株式会社のNネットには、グループウェアや勤怠管理などの販社向けITツールが用意されています。これらは FileMaker Pro で作成されました。業務用パッケージを利用しなかった理由を、近藤氏は次のように語られます。「もちろん、グループウェアを作るときには、ヒアリングをし、業務用パッケージを調査しました。業務用パッケージを選ばなかった理由は、共通仕様で作られているため、過不足があったためです。そして何より、現場の声を聞きながら作りたいという考えが大きな要因といえるでしょう。グループウェアを作るのは、みんなに使わせて、みんなの効率をあげることが目的なので、現場の意見が反映していない使いづらいものだと、せっかく作っても利用されないで終わってしまうからです」。

グループウェアは、近藤氏と株式会社ジュッポーワークス、販社のIT推進者とで開発が進められました。販社の営業マンにヒアリングをし、プロトタイプを開発。それを実際に、販社の社員数名に使っていただき、意見を聞き、改良を加え、再度使用し、さらに改良…。こうしたスクラップ・アンド・ビルドを幾度も繰り返して、現場の人が使いやすいシステムへと改良を加えていきました。他の販社に展開する時も、まずIT推進者を中心に試用してもらい、徐々に社内に広げていくという手法が採られました。

初期投資はもちろん、開発費用を大きく抑制

「スクラップ・アンド・ビルドを繰り返してシステムを構築しようとすると、通常のシステム開発手法を採っていたなら、どんどん費用が脹らみ、時間もかなりかかったことでしょう。その点、FileMaker Pro なら、まず絶対額を驚くほど低く抑えられます。小さく始めて、徐々に大きくしていくことで、初期投資も少なくてすみますし、予算も取りやすい。柔軟な開発環境が得られる FileMaker Pro を選ぶことで、費用と時間の問題をクリアできたのです」。

現場の声を反映した業務システムで省力化・スピード化を実現

こうして、Nネットにしかない独特のグループウェアができたと、近藤氏は自負します。たとえば特徴的なのが、TO-DOリストです。TO-DOリストボックスは二つあり、自分がやるリストと、上司など他者から指示されたリストに分かれています。また、スケジュールのトップに新着情報を表示したり、個人予定表と日報を連動させたりと、随所に現場の意見が活かされています。その結果、現場から、非常に使いやすいグループウェアとの評判を得ています。

同様に、「現場の声を反映させながら FileMaker Pro によって開発された人事管理システムや勤怠管理システムなどを用いて、販社内の業務が大きく改善された」といいます。「以前は、各拠点が紙に書き、それをチェックして本社に郵送。担当者が集計し、チェックしていました。長くて一週間はかかっていた作業が、Nネットを利用することで、大幅な短縮が図れ、省力化、スピード化の両方を実現できたのです」と近藤氏。

あらかじめ完成形が見えないシステム開発でも、
FileMaker Pro なら手作りが可能に

FileMaker Pro の良さがいかんなく発揮されたのは、目標管理・考課システムだった、と近藤氏は振り返ります。「このシステムに関しては、使う方も、開発する方も、どういうものを作ればいいか、最終の形が見えていませんでした。誰がどういうふうに運用していくか、なかなかイメージできなかったので、とりあえず形にして、使う人に実際に動かしてもらい、指摘を受けて、少しずつブラッシュアップしていきました。まさに手作りの感覚ですね。開発する方としては、かなりの手間だったと思いますが、これができたのも、FileMaker Pro ならではと言えるでしょう」

システム開発はこんなに柔軟で簡易にできるものかと、SEからも驚きの声

開発・運用を担当している株式会社ジュッポーワークス 永井氏も「システムの改良も、どんどん進んでいます。企画運営の担当者である近藤さんからお話を伺い、システムを変更していますが、作業時間も短時間ですむなど、システムを非常にすばやく改良できます。開発も、運用も、実に柔軟かつスピーディー。これまでのシステム開発の常識では考えられない容易さです」と、驚きを隠しません。

つねに時代に合わせてNネットを進化させていきたい

「 FileMaker Pro を利用することで、迅速かつ低コストで各ITシステムを構築でき、Nネットの機能拡大もスピーディーに実現できた」と、近藤氏は、Nネットの拡大・発展に、FileMaker Pro が大きく貢献した点を語ってくれました。
「今後は、商品情報と政策の質を高めること。現場ニーズを吸い上げて商品化すること。2WAY機能を強化させ、ネットのコミュニティを充実させること。そして、ITツールを時代に合わせてスパイラルアップさせていくこと。つねに新しいものを見いだしてNネットを進化させていきたい」との抱負も近藤氏は語ってくれました。

前ページ:営業から内勤までトータルに支援するNネット 

プロフィール

松下電工株式会社

1918年、松下幸之助が設立創業。照明、情報機器、電器、住建、電子材料、制御機器の6つの基幹事業を展開している。家庭内の機器をはじめ、住宅、ビル、公共施設、商業施設など、同社の事業が関わる市場は、広範囲に及んでいる。

松下電工株式会社のホームページ
http://www.mew.co.jp/

システム構成

  • Web Server
    • OS:Windows 2000 Server SP4
    • CPU:Intel Xeon 3.2GHz × 2
      (デュアルCPU)
    • RAM:4GB
    • HDD:73GB(RAID 5)
    • IIS 5.0
    • FileMaker Server 8 Advanced
      1ライセンス(Web公開エンジン、Web公開コアも含む)
  • データメンテナンス用
    • OS:WindowsXP Professional
    • FileMaker Pro 8 Advanced
      1ライセンス

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る