ユーザーインタビュー

国立大学法人 名古屋大学医学部附属病院

医療者が直接設計に関われる医療情報システムを構築

「名大の森」TOP画面

医療情報システム「名大の森」TOP画面

拡大表示

2.「三層構造の電子カルテ」の設計思想とは?

吉田先生は、かねてから「三層構造の電子カルテ」という概念を提唱していました。すなわち、医療情報システムを三層のレイヤーに分けて考え、各層ごとの役割分担を明確にすることで、差し替えやカスタマイズを容易にするという設計思想です。2007年1月に稼動した第5次システム更新ではこの概念を具現化し、全国初の試みとして医療界の注目を集めました。

「最下層は、病院運営の機関を支える包括的運営管理システム。いわば人・モノ・金の流れを管理する基幹的な役目を果たします。中間層は、最上層から発生するオーダー情報を管理し、各部門に必要な情報を渡してその結果も受け取って返す情報連携層です。そして FileMaker Pro が請け負う最上層、この部分こそが優れたユーザーインターフェースを通じて医学知識の柔軟な管理を可能にする、真の意味での電子カルテと位置づけています。」

具体的には、各部門・診療科で使用するデータベースを情報管理室の FileMaker Server で一元管理し、電子カルテシステムとネットワークでつなぎ、医療者がクライアント端末からログインすると、電子カルテシステム側が利用者照会をおこない、かつ患者情報や病名などの属性を端末側に自動的に送るという仕組みになっています。電子カルテデータベースと FileMaker データベースは、クライアントレベルでは患者ID、利用者ID、ファイルIDだけの疎な連携で、サーバ間で患者情報・利用者情報・病名・検査・処方などのマスタ連携を行っており、FileMaker データベースには電子カルテデータベース内に蓄積された様々な情報が取り込めるようになっています。逆に、FileMaker データベースから、診療記録として残すべきものだけを電子カルテに書き込み、更新履歴等は電子カルテ側で管理してもらうようにしています。この仕組みによって、FileMaker データベースは診療や研究の補助的な位置付けで自由度を保ち、かつ、正式な診療録である電子カルテにもその内容を反映させることが可能になりました。

3層構造のシステム構成

「名大病院で実現した『三層構造の電子カルテ』のうち、最下層と中間層は大手ベンダー社製の基幹システムが請け負っています。この部分のデータベースのソフトウェアは、従来のリレーショナル型から、複雑なデータ構造の高速処理が得意なオブジェクト型に変更しました。オブジェクトデータベースは日本ではまだなじみが薄いですが、システムの安定稼動とレスポンスの向上に格段の効果を得ることができたと思います。また、セキュリティの面では、日本の医療界ではあまり例がありませんが、IDやパスワードを必要とせず、マウスに触れるだけで利用者照会ができる1:N指紋認証システムを採用しました。基幹システムは、個人情報であり公的な意味合いを持つカルテの保全と記録としての証跡(履歴)管理において、いかんなくその堅固な実力を発揮しています。そして基幹システムが苦手としていたユーザーインターフェースは FileMaker Pro が引き受け、そのたぐいまれなユーザビリティを発揮しているというわけです。」

マスタ連携図

吉田先生いわく、この優れたユーザビリティがもたらすメリットは二つあるそうです。ひとつは、たとえば小児科なら小児科の、産科なら産科の業務に精通している人が直接設計に関わることにより、そのノウハウがきちんとシステムに反映される点。もうひとつのメリットは、変更や修正に対する自由度の高さです。「ベンダー製の電子カルテをSEのプログラミングによってカスタマイズする場合、印刷する文書のちょっとしたレイアウト変更も、仕様書を作成してSEに依頼するしかありません。コストだけでなく時間がかかるため、その間の業務に支障がでてしまいます。一方、FileMaker Pro を使うと、レイアウト変更などは、医師が外来診療のちょっとした合間にできるくらい簡単で、費用も発生しないのです。」

現場の医療スタッフからの反響も上々です。使い慣れた FileMaker Pro のユーザーインターフェースが使える上、クライアント端末側から公の診療録である電子カルテの更新もできるとあって、「医療業務の質や効率が飛躍的にアップした」と、高い評価を得ているそうです。

前ページへ  1 2 3  次ページへ

プロフィール

国立大学法人
名古屋大学医学部附属病院

プロフィール

1871年(明治4年)、名古屋藩評定所跡地に公立の病院として設立されて以来、一貫して中部・東海地区の中核病院として発展した歴史を持つ。病床数1035床、外来患者数は一日約2200人。2004年4月に独立行政法人化された。

http://www.med.nagoya-u.ac.jp
/hospital/index.html

システム構成

    • Windows XP
    • FileMaker Server Advanced
      1ライセンス
    • FileMaker Pro
      1000クライアント

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る