メトロポリス・スタジオ

「メトロポリス・スタジオではFileMakerをビジネスのさまざまな領域に取り入れてきました。財務部門からサウンド・エンジニアまで、誰もがFileMakerを利用しています。FileMakerのソリューションは必要な私たちのニーズの変化に応じて共にに拡大し、成長してくれます。FileMakerは間違いなく、メトロポリスにとっての大革命になりました。」
――メトロポリスCEO、イアン・ブレンチリー氏

ビデオを見る(英語)

メトロポリス・スタジオのビジネスに調和をもたらす

世界的に有名なレコーディングスタジオが、SAPシステムに替えて、柔軟性の高いFileMakerプラットフォームで構築されたカスタムソリューションを選択

概要

  • 世界的に有名な音楽複合施設で、さまざまなビジネス分野に展開できる柔軟性に富んだ統合ソリューションを用いて、財務処理にかかる時間を短縮する必要がありました。

業界

  • 教育メディア/音楽産業

ソリューション

  • SAPエンタープライズ財務システムに替えて、柔軟性の高いFileMakerで総合ソリューションを迅速かつ簡単に構築するとともに、アーティストとクライアントを支援するための追加ソリューションを作成しました。

利点

  • 事務管理にかかる時間の大幅な短縮、WebDirectによる複数のデバイスのサポート、スタジオで制作されるオーディオ/ビデオの両方にライブでコメントを入力

メトロポリス・スタジオはヨーロッパ最大の独立系スタジオで、レコーディング、マスタリング、クリエイティブ、プロダクションの複合施設です。メトロポリスでは創設以来25年の間に、マイケル・ジャクソン、ローリング・ストーンズ、アデル、エイミー・ワインハウス、ラナ・デル・レイ、U2、リアーナをはじめ、数多くの著名ミュージシャンたちが音楽を生み出してきました。

メトロポリス・スタジオは20世紀初頭に建てられた、チズウィック鉄道のための発電所だった建物にあります。現在ではウェスト・ロンドンの印象的なこの「パワー・ハウス(発電所)」の中で、英国トップ40チャートの約半数を占める曲のレコーディング、ミキシング、マスタリングなど、制作に必要な処理を行っています。

課題:

テンポの速いクリエイティブな業界に身を置くメトロポリスでは、成長に伴って、財務や請求処理などのビジネス上の要件も拡大します。そこでビジネス支援の専用システムが必要となり、SAPおよびそのエンタープライズ・クラスの財務システムを求めました。しかしまもなく、データの入力とエクスポートの方法が不便なために、そのソリューションはメトロポリスのビジネスニーズに合致せず、会社の成長にうまく対応できないことがはっきりしました。

財務上の要求に加えて、メトロポリスでは他のさまざまなビジネス要素を自動化およびデジタル化する必要があることは明らかでした――そうすることで、多くのビジネスにとって頭の痛い部分である事務管理と書類作成の仕事を減らし、クライアントの音楽作りの支援により多くの時間を割くことができ、生産性を高めることができます。メトロポリスが重点的に合理化を目指した具体的な分野は、スケジュール管理と予約業務、クライアントの連絡先管理、スタジオで制作されるコンテンツのデータ収集でした。

常にビジネスの最先端を走っているメトロポリスが他の音楽スタジオの先を進み続けていられるのは、FileMakerの助けがあるからです。音楽界の大物たちへの対応に欠かすことができません。FileMakerは柔軟性に富んでいる上に統合が容易なので、私たちはビジネスのネットワークを広げ、国際的な信用を拡大し、事務管理に長時間わずらわされることなく、クライアントに向き合う時間を増やすことができます。FileMakerは私たちのビジネスを単にサポートしているのではありません。FileMakerがビジネスを実現可能にしているのです。

――メトロポリスのマーケティング、コミュニケーション、テクノロジー担当ディレクター オリ・スサト氏
Metropolis Studios
FileMakerは、財務、スケジュール管理、CRM、予約、データ収集をはじめ、メトロポリスのビジネスの数多くの分野にわたってワークフローを強化しました。

FileMakerのソリューション:

代替ソリューションが早急に必要となったとき、メトロポリスのマーケティング、コミュニケーション、テクノロジー担当ディレクターであるオリ・スサト氏は、すでにFileMakerプラットフォームをよく知っていました。FileMakerプラットフォームでは、ユーザーがiPad、iPhone、Windows、Mac、Webのいずれでもシームレスに動作するカスタムソリューションを迅速に作成して実行することができます。そこでスサト氏は、FileMakerプラットフォームを利用してカスタム財務システムの構築に取りかかり、ほんの数週間で完了しました。そしてそのFileMakerソリューションは最初から、メトロポリスにとって不可欠な請求処理、クレジット処理、財務処理のすべてを、SAPシステムに替わって、同社のビジネス構造に最適な方法で実行しました。新しいシステムの使用を開始してからわずか数日後には、メトロポリスのチームはスピードアップしたい他のビジネス分野にも、FileMakerが変化をもたらす可能性を秘めていることを実感しました。

間もなく、FileMakerプラットフォームは財務システムだけでなく、4つの音楽スタジオ全体にわたるスケジュール管理と予約業務のすべて、さらにメトロポリスで作成したオーディオとビデオに関するメモやログ情報を作成したいアーティストとエンジニア用のデータ収集にも利用されるようになりました。

FileMakerはすでに、メトロポリスの多岐にわたる数多くのビジネス分野に関わっているので、今ではスタッフも外部のクライアントも、ほぼ毎日システムを利用せずには過ごせないほどになっています。また、このプラットフォームはユーザーにとって使い勝手がよいため、こうして利用することを誰もが楽しんでいます。

利点:

メトロポリスはFileMakerが提供している多数の機能を活用しており、FileMaker Server 14で利用可能なFileMaker WebDirectを介したモバイル・ブラウザへの高速アクセス、WebブラウザでFileMakerソリューションを即時に直接実行するWebテクノロジー、さらにモバイル・ブラウザを介した幅広いハイエンド・タブレットでの利用などがあります。これは、メトロポリスのクライアントがスタジオでの作業に各自のデバイスを持ち込む際に役立ち、クライアントが常に必要なシステムに接続できるようにします。

クライアントはFileMaker Goを介して、FileMaker Proのレイアウト内のインラインでオーディオやビデオを再生できるため、ライブ・コメントを作成したり、音楽ビデオやオーディオ・トラックに関するデータを入力する際に、何度もアプリケーションを切り替える必要がありません。

メトロポリスは、日常の数多くのビジネス上の業務にFileMakerをリンクさせることで、以前のシステムより高速で、スマートで、俊敏で、本質的にアップグレードが容易なシステムを作り上げました。FileMakerは、ソリューションの機能とルック&フィールを迅速かつ簡単にカスタマイズできる機能によって、管理とビジネスの手法を変えたいあらゆるタイプの組織にとって理想的なプラットフォームとなっています。

ファイルメーカー社へのお問い合わせはこちら

メトロポリス・スタジオ

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る