ユーザーインタビュー

らむ亭

注文処理からサイト運営まで、通販事業を強力にサポート

写真

らむ亭 社長 鈴村忍氏

北海道名物ジンギスカン肉の卸し、通販を手がける「らむ亭」は、1997年からWebでの販売を開始しました。注文管理から決済処理、サイトのコンテンツ管理、SNS運営まで、らむ亭のシステムが備える機能は多岐にわたります。このシステムを開発したのは、らむ亭 社長の鈴村忍氏。FileMaker を用いたシステムによって、サイト運営や通販の作業を鈴村氏一人ですべておこなえるまでに効率化することができました。


1. FileMaker を使うことで、受注から発送までを一人で作業可能に

ジンギスカン用の肉やタレを販売する、帯広の「らむ亭」は1959年に創業。独自の製法で作った無添加の生タレが人気を呼び、帯広市内にあるスーパーの人気度調査(2008年度)でも1位を獲得しています。1997年、同社は恵庭市に支社を開き、Web通販事業を本格的に開始しました。
らむ亭Webサイトのトップページには、食欲をそそるお勧め商品が並び、商品がわかりやすくカテゴリ分けされています。これまでの利用履歴を参照できるマイページや、贈答に便利なアドレスブック機能、さらには会員が利用できるSNS機能まで備わっています。現在、恵庭支社では、売上の過半数をWeb通販が占めるまでになりました。
らむ亭のサイトは非常に高機能かつ使いやすく仕上がっていますが、驚くべきはこのサイトすべてを社長の鈴村忍氏自身が一人で開発/運営しているということ。サイトのコンテンツ管理から、注文の受注、決済処理、SNSに至るまで、すべて FileMaker で実現しています。
Web上でお客様が入力した注文データは、そのまま FileMaker Proのデータベースへ入ります。以前に注文したお客様かどうかを FileMaker Pro のデータベースでチェックし、新規ならば新しい顧客レコードを作成、既存客なら注文履歴に追加。クレジットカード決済代行サービスでの決済処理が無事完了したら、注文履歴に「決済済み」の旨が記録され、受注確認メールがお客様に送信されます。
鈴村氏は注文を確認し、該当商品を梱包します。顧客データを元に送り状を作成し、商品を宅配便業者が集荷したら、 FileMaker Pro の注文状況を「発送済み」に変更。発送した旨のメールがお客様に送信され、作業完了です。
事務処理が徹底的に効率化されているため、人を雇わずとも店舗運営がおこなえるようになっているのです。

「注文が自動的に FileMaker Pro のデータベースに入力されるようになったことで、作業をかなり効率化できました。」(鈴村氏)

受験・進路情報入力システム メインメニュー

らむ亭のショッピングサイト。会員専用の商品も用意されている

拡大表示

2. Webサイトと FileMaker の連携で簡単注文管理

鈴村氏と FileMaker の付き合いは、10年以上に及びます。恵庭支社の開店当初、Macユーザーだった鈴村氏が、注文管理に活用していたのが、FileMaker Pro のバージョン4 です。
初期のらむ亭サイトではメールで注文を受け付けた後、注文内容を手動でコピー&ペーストして FileMaker データベースに入力していました。
2000年になると、こうした手作業のワークフローをやめ、サイト上の注文が直接 FileMaker Pro に入力されるよう、システムを改良しました。当時、FileMaker Pro のバージョン4.1 とホームページ Proを組み合わせることで、Web公開機能を利用することができたのです(Web公開機能は、その後 FileMaker Pro 本体に取り込まれていきます)。
現在のシステムでも、サイトでお客様が入力したデータが直接 FileMaker Pro へ受け渡されるようになっていますが、基本的な仕組みはこの時にほとんど確立されました。
ホームページ Pro+ FileMaker Pro で使われていた言語は、CDML(Claris Dynamic Markup Language)といいます。CDMLはシンプルでありながら、FileMaker Pro の強力な機能をWeb上から扱えるようにした、画期的な仕組みだったのです。

受験・進路情報入力システム メインメニュー

注文の管理画面

拡大表示

3. お客様がマイページを作れるWebサイトを構築

2002年になると、鈴村氏は再びシステムの改良を始めます。主な理由は、お客様用のマイページを作れるようにしたいと考えたからです。
しかし、CDMLではセッション管理(※1)の概念がなく、さらにFileMaker Pro 7 からはCDMLによるカスタムWeb公開の代わりにXML/XSLTベースのカスタムWeb公開が使われるようになりました。それまでCDMLで構築してきたサイトを活かすため、鈴村氏はLassoSoftの「Lasso」を導入します(※2)。
完成した新しいサイトでは、会員登録をおこなったユーザーに対して自動的にマイページが作成されます。ユーザーは今までの購入履歴を参照することができるようになりました。また、らむ亭では会員だけの専用商品を用意していますが、こうした特殊購入の処理も柔軟に行えるようになっています。
お客様からは見えにくいところですが、セキュリティに関しても、安全性を高める工夫が随所になされています。例えば、お客様がマイページで「個人情報を表示しない」にチェックを入れておけば、確認メールに個人情報が掲載されなくなります。もちろん、パスワードを素のままメールで送るようなことはありません。

※1:ユーザーが、Webページ上でおこなう一連の処理をセッションと言います。セッションをサーバ側でユーザーごとに管理することで、そのユーザーが過去にやり取りした情報を引き継いで、高度なサービスを提供できるようになります。

※2:従来のCDMLは、Lassoで使われているLassoScript(旧名称はLDML)の簡易版にあたります。

受験・進路情報入力システム メインメニュー

お客様自身で必要なセキュリティレベルを設定できる

拡大表示

1 2  次ページへ

プロフィール

らむ亭

プロフィール

1959年、鈴村精肉店として設立。1988年からは郵便局のふるさと小包での取り扱いを開始し、平成7年度及び平成14年度のお年玉つき年賀ハガキ3等のふるさと小包賞にも選出された。1997年には、恵庭支社でWeb通販を開始する。

システム構成

    • Mac OS X 10.5
    • Mac OS X Server 10.5
    • FileMaker Server 9
    • FileMaker Pro 9

FileMaker カスタマ・ストーリー

活用事例を見る